キシリトールの効果(^^)

こんにちは!歯科衛生士の伊藤です!

今日はキシリトールについて書きたいと思います♬

キシリトールは虫歯の原因にならない理由を皆さんご存知ですか?

キシリトールを始めとする糖アルコールは、むし歯の原因になりません(^^)

糖アルコールからは、口の中で歯を溶かすほどの酸は作られないからです。

ソルビトールやマルチトールからは、少量ですが歯垢(プラーク)中で酸ができますが、キシリトールからは酸は全くできません。

また、キシリトールの方が甘みが強いので、その甘味により唾液も出やすくなります。

 

酸を作らないこと、そして、唾液の分泌を刺激して酸を中和することが、キシリトールがむし歯の原因にならない理由です。キシリトールには、「むし歯の発生や進行を防ぐ」という、他の糖アルコールにはない特徴的な効果があります(^^)

 

キシリトールをガムやタブレットの形で一定期間以上口の中に入れると、むし歯の原因となる歯垢が付きにくくなるだけでなく、歯の再石灰化を促し、歯を固くします。さらに、キシリトールには、むし歯の大きな原因であるミュータンス菌の活動を弱める働きも持っています。

このような働きは、他の甘味料には見られない、キシリトールだけの効果なんです(^^)

 

定期的にアメやガムを食べる習慣がある方はキシリトールのものに切り替えて歯を守って行けるといいですね♬

 

可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院。

医療法人CREAただこし歯科クリニックへ

皆様のご来院を、スタッフ一同、心のこもったおもてなしでお待ちしています。

Facebookもやっていますので、良ければ”いいね”や”フォロー”で応援よろしくお願いします(。◡̈。)