こんなお悩みありませんか?

こんなお悩み、ありませんか?

  • デコボコの歯並び
  • 笑ったときに見える銀歯
  • ヤニや茶渋で黄ばんでしまった

*

あなたの笑顔をステキにします 白い歯、綺麗な歯はみんなの憧れ

あなたの笑顔をステキにします 白い歯、綺麗な歯はみんなの憧れ

なぜなら口元は、
その人の印象を大きく左右し、
白く輝く歯は清潔なイメージを
人に与えてくれるからです。

*
  • どんなことでもお気軽にご相談ください!
    *
  • 銀歯 歯並び ヤニ 茶渋 黄ばみ

    審美歯科治療で
    口元のコンプレックスを無くしてしまえば、
    あなたの本来の美しさがよみがえります。

当院の審美歯科メニュー

ジルコニアセラミック

*

ジルコニアセラミッククラウンは内側に人工ダイヤモンドのジルコニアを使用して周りにセラミックを焼き付けた素材です。
金属を全く使っていない白い人工の歯です。金属を使わない分、透明感もあり、硬さも天然歯に近く、とても審美性に優れています。ジルコニアフレームの上に、セラミックを焼き付けています。またフレームのジルコニアはスペースシャトルにも使われている素材で、かなり高い強度があり。多くの歯を繋げる場合にも適しています。
ジルコニアの強度と、セラミックの透明感を持つため、強度と審美性を併せもった素材となっております。経年変化で変色することもありませんし、非金属の素材なので、金属アレルギーの心配もありません。ただ、人工ダイヤモンドの硬い素材にセラミックを焼きつけるため、作製する際の工程が難しく、他のどの素材より費用が高くなってしまうことがあります。

  • 審美性
  • 耐久性
  • 自然な色
  • 金属アレルギー
  • 金属アレルギーの方
  • 前歯から奥歯まで適しています
  • 自然歯のような綺麗さを求められる方

ジルコニアセラミックの
メリット・デメリット

─ MERIT & DEMERIT ─

メリット
  • 強度が強く、噛む力が強い方でも大丈夫なので、奥歯にも適用することが出来ます。

  • 変色することがないです。

  • 内側がジルコニアという人工ダイヤモンドなので、かなり硬くセラミックより歯を削る量を減らすことができます。

デメリット
  • かなり硬いため、複雑な形態は難しくなってしまいます。

  • ジルコニアの上にセラミックの素材を焼き付けているため、セラミックが割れるリスクはあります。

  • かなり硬いため、何か不具合が起きた場合に除去するのが困難です。

オールセラミックe.max

すべてセラミックの素材で作られているのがオールセラミックです。
e.maxとは審美性と耐久性を兼ね備えた次世代のセラミックで、生体親和性が高く、従来のセラミックよりも強度があるため、被せ物だけでなく奥歯の詰め物にも最適です。
透明感があり、天然歯と変わらない自然な仕上がりでできます。
また差し歯が変色する心配もなく、歯ぐきが黒ずむ心配もありません。
ただ、近年素材が改良されて、強度の問題は改善されてきましたが、セラミックは陶器と同じ様に、強い衝撃で割れてしまうリスクがあります。

  • 審美性
  • 耐久性
  • 自然な色
  • 金属アレルギー
  • 透明感のある天然歯のような綺麗さを求められる方
  • 金属アレルギーの方

オールセラミックe.maxの
メリット・デメリット

─ MERIT & DEMERIT ─

メリット
  • 透明感があり、自然な仕上がりの歯を再現することが出来ます。

  • 硬すぎない素材で天然の歯に負担をかけることがありません。

  • 噛み合わせが強い方でも使用することが出来ます。

  • 変色もなく、見た目も優れています。

  • 着色が着きにくいです。

  • 金属アレルギーの心配がありません。

デメリット
  • 他の被せものに比べて厚みを持たせる必要があるので、歯を削る量が少し多くなります。

  • 強い衝撃で欠けたり、割れてしまう可能性があります。

  • 元の歯の色を反映してしまうので、細かな色調に対応が難しいことがあります。

  • ステイニングした色は経年変化で変色してしまう可能性もあります。

審美性と耐久性を兼ね備えたワンランク上のセラミック
ラミネートベニア

歯の表面に一部変色がある場合や軽度の変色の0.5mmほど削って薄いセラミックのシェルを貼り付ける方法。歯にとってダメージは少ないですが、剥がれる危険性があり、歯の大きさや向きを大幅に変更する事もできません。
前歯など負荷のかからない歯に適しています。

  • 審美性
  • 耐久性
  • 自然な色
  • 金属アレルギー
  • 前歯など負荷のかからない歯
ホワイトニング

ホワイトニング法は、元々歯の色が黄ばんでいたり、加齢により歯の色が黄ばんでしまった歯の表面を薬品によって白くする方法です。
これは、歯を削ることなく白くできるメリットがあります。しかし、白さには限度があるので歯科医師とよく相談して下さい。
ホワイトニングには、歯の表面から白くする方法と歯の内側から白くする方法があります。また、歯科医院で行う「オフィス・ホワイトニング」と自宅で行う「ホーム・ホワイトニング」があります。両者を併用することも多くあります。

ホワイトニング詳細

セラミックの歯について

セラミック治療の
メリット・デメリット

─ MERIT & DEMERIT ─

メリット
  • セラミック治療は高い審美性を持ち、天然歯の様な透明感を再現することが出来ます。

  • 金属を一切使用していないので、歯ぐきが黒ずんだりすることもないですし、金属アレルギーの心配もありません。

  • 経年変化でも変色の心配がありません。

デメリット
  • 保険適用外なので費用が高くなってしまうことがあります。

  • 他のクラウンに比べると歯を削る量が少し多くなってしまいます。

  • 素材は改善されてきていますが、強い衝撃を受けた時に欠けたり割れたりするリスクがあります。

当院の審美歯科料金表

*税込み価格です

オールセラミッククラウン
(ジルコニア)
1歯 118,000円
オールセラミッククラウン
(e.max)
press冠
(レイヤリング法)1歯
94,000円
press冠
(ステイン法)1歯
78,000円(奥歯のみ)
e.max セラミックインレー
単 純 30,000円
複 雑 35,000円
MOD 37,000円
ジルコニアセラミックインレー
単 純 39,800円
複 雑 44,800円
MOD 46,800円
ゴールドインレー
単 純 40,000円
複 雑 45,000円
MOD 47,000円
形成、印象 2,000円
ファイバーコア 12,000円(形成料込み)
ホワイトニング ホーム
ホワイトニング
30,000円
クリスタル
ブライトニング
8,000円(※税別)

加工したセラミックの特徴

  • レイヤリング法をした後のセラミック
    透明感のある自然な仕上がり、天然歯に近い摩耗性、最近とても評価が高く、二ケイ酸リチウムのガラスセラミックスという材質です。
    十分な強度がありますが、あまり多くの歯を連結するようなブリッジには向いておりません。前歯など見える部位でも、透明感のある天然歯のような審美性がありますので、隣りの天然歯との違いがあまりわからないほどです。もちろん金属アレルギーの心配もありません。
    金属アレルギーの方・透明感のある天然歯のような綺麗さを求められる方におすすめです。
    天然歯のような審美性 より優れた審美性を求める方に!
  • ステイン法をした後のセラミック
    素材すべてが二ケイ酸リチウムのガラスセラミックスできており、透明度が高く色調もとてもきれいです。しかし、ある決まったパターンの色から選ぶため、前歯などで高い審美性を求める場合には向いておりません。曲げ強度が強く割れにくいという性質を持っています。
    金属アレルギーの方・奥歯でも銀歯はちょっと抵抗がある方におすすめです
    強度に優れ割れにくい 審美性と強度を求める方に!

審美歯科Q&A

  • 歯の銀色の詰め物、被せ物が気になります。
    白く出来ますでしょうか?
    銀色の被せ物の歯、銀色の詰め物を外して、白い歯にすることは出来ます。
  • 歯の色が変色しています。白く出来ますでしょうか?
    *

    歯が変色している場合は、二つの方法があります。
    審美歯科で歯の全体をセラミックの被せ物により、白くする方法とホワイトニングにより白くする方法があります。歯が黄色い、歯が白濁しているであれば、ホワイトニングで白く出来ることが多いです。また神経のなくグレー色に変色した歯や、テトラサイクリンなどのかなり変色が強い場合は、審美歯科にてセラミックを被せることによって治したほうが適していることが多いです。
    どちらの方法が適している疑問でしたら、お気軽にご相談ください。

  • 歯並びが気になります。審美歯科できれいに出来ますでしょうか?

    歯並びが凸凹して気になる場合は、二つの方法があります。
    審美歯科で、被せることによって治す方法と、矯正治療で、歯並びを並び替えて治す方法の二つがあります。

    *

    1、2本だけの歯が出てたりする場合は、審美歯科で治したりすることが良い場合が多いですが、ある程度の本数が凸凹している場合は、矯正治療にて治したほうが、時間はかかりますが、歯を削らずにきれいに出来ます。一概にすべてのケースがこのパターンにあてはまるわけではなく、口の中全体のバランスも考慮した上で判断したほうが良いと思いますので、まずはお気軽に相談ください。

  • 以前に被せた歯が、黄色く変色して来たけど、白く出来るでしょうか?
    セラミックは基本的には変色しないので、おそらくプラスチックの材質の被せ物であるかと思います。歯の根っこが問題ないのであれば、変色した被せ物を外して、被せなおせば きれいな歯にすることが出来ます。
  • 歯にヤニや着色がついているので、きれいに出来るのでしょうか?
    歯の表面についた着色は、クリーニングによってたばこのヤニなどによる着色を除去してきれいにすることが出来ます。
  • 差し歯と歯ぐきの境目が黒くなってきているのですが、きれいに治りますでしょうか?
    *

    この境目の黒くなっているものは、二つ考えられ、一つ目は、被せ物のフレームの金属が見えてきてしまっているため、二つ目は、虫歯です。
    一つ目は、最初治療したころはきれいであっても、年月が経ってきたり、歯周病によって歯ぐきが下がってきてしまうことがあります。そのため、境目の黒いラインが見えてしまうのです。しかし、最近は、金属を一切使わないセラミック冠によって、境目も白くすることが出来ます。
    あと予防歯科にて歯周病の予防をすることによって、歯ぐきが下がりにくくなります。二つ目の虫歯になってしまった場合は、被せ物を外して、虫歯を取ってから、きちんと被せなおせば、きれいにすることが出来ます。

  • 歯が欠けてしまった場合は、どんな治療方法があるのでしょうか?
    *

    欠けたところが小さい場合は、コンポジットレジンと呼ばれるプラスチックの材料で、その欠けた部分だけ、詰めることによって治すことが出来ます。長所は、削る量を最小限にすることが出来ます。短所は、再度、欠けやすいということです。
    欠けたところが大きい場合は、詰めることもできますが、強度的に弱いため欠けやすい。そのため、歯の全体を、ある程度削ってセラミック冠+などを被せる治療が適している場合が多いです。

  • セラミックの歯のほうがきれいになると聞いたのですが、どうしてでしょうか?
    *

    プラスチックの歯は、経年劣化で変色していきます。あと、いくつかの決められた種類の色から選ぶことになりますので、審美面でこだわりを持たれている方には向いていないことが多いです。
    セラミックは変色はしないため、最初の歯の色のきれいさを維持することが出来ます。また、歯の色は、そのセラミック冠を作る技工士本人に来ていただき、患者さんの歯を直接見ていただき、好みなど要望を聞きながら、歯の色を決めていきますので、全体のバランスの取れた歯の形、色彩に持っていくことが出来ます。もちろん、少し白いほうがいいなとかなども、遠慮なく言ってください。

  • 前歯などの見えるところの治療でも大丈夫なのでしょうか?
    前歯の治療中は、仮歯が入ります。もちろんセラミックなどの被せ物と比較すると、違いはありますが、普通に見ただけでは分かりにくい感じにはなりますので、安心ください。

審美歯科コラム

ハイブリットセラミックとは何か

*

セラミックと歯科用プラスチックを配合して混ぜ合わせたものがハイブリットセラミックです。セラミックとハイブリットを配合することでクッション性が出て柔軟性がでます。そのため噛み合わせた時にも噛み合わせの歯に負担をかけることが少ないです。
ただ、プラスチックも配合しているので、経年変化で少しずつ変色してしまい、透明感が少なくなってしまうことがあります。
以前は保険適用で行うことが出来ませんでしたが、保険が改定されてCAD/CAMで作製する場合には保険適用できる様になりました。

差し歯とは何か

差し歯とは歯の上に被せる被せ物やクラウンのことをいいます。歴史は古く、虫歯が深かった場合には神経の処置をしますが、その神経の処置をした後、残った歯を土台として使用するので、神経があった部分に土台を立て、その上に差し歯を装着していきます。昔から広く使用されていて、保険適用で行うことができるものは、土台も差し歯も金属を使用しているものが多いです。
最近では金属アレルギーや歯ぐきが黒ずんでしまうなどの機能性の問題や、銀歯がギラギラ光って見えてしまう審美性の問題もあり、天然歯とよくなじむ白いセラミックやハイブリットセラミックの歯も出てきています。ただ、見た目や機能性は優れているのですが、セラミックはほとんどが保険外なので、費用が高くなってしまうことがあります。

そもそもなぜ
差し歯というのか?
差し歯は、虫歯が深く、神経の治療をした後、残った歯に土台を立てていきます。そしてその歯を土台として被せ物をしていきます。土台の上に差した様に見えることから差し歯と呼ばれる様になりました。

金属を使っている素材には
どのようなものがあるか

銀歯

保険適用で治療することができるので、費用を抑えることが出来ます。
3割負担の方では3000円~5000円程度で治療することができる点がメリットです。
ただ、金属が目立ってしまうことや金属アレルギーのリスクがありますし、長期間使用している場合には金属イオンがしみ出してしまい、歯ぐきが黒ずんでしまうこともあります。
この様なデメリットもあるので、見た目や機能性の問題から銀歯からセラミックに変える方も増えてきています。

メタルボンド

内側が金属の素材で、表面にセラミックを焼き付けているので強度と審美性を兼ね備えた素材です。保険適用外です。
経年変化で変色することはほとんどありませんが、内側に金属を使用しているので、オールセラミックやジルコニアセラミックに比べて透明感が少なくなってしまいます。
そのため奥歯に使用されることが多い素材でしたが、近年他のセラミックの素材も改良されて、強度が出てきたので、金属を使用しないセラミックの方が、人気のある傾向にあります。

メタルボンドの
メリット・デメリット

─ MERIT & DEMERIT ─

メリット
  • 内側が金属の素材で表面がセラミックなので、強度が強く、ほとんどの部位で治療することが出来ます。

デメリット
  • 内側が金属なので金属アレルギーのリスクがあります。

  • 金属を使用しているため。他のセラミックに比べ、透明感がやや劣る点はあります。

CAD/CAMとは何か

*

CAD/CAMは、はじめは白く、経年変化で変色します。
前から4番目と5番目の歯という条件がありますが、この場合には保険が適用になります。

●保険適用の場合(3割負担)/9000円程度
●自費治療の場合/5万円~12万円程度

CAD/CAMの
メリット・デメリット

─ MERIT & DEMERIT ─

メリット
  • 他のセラミックより安価に白い歯を入れることができます。
    セラミックとレジンを配合しているので、硬すぎず、他の歯の負担を減らしてくれます。

デメリット
  • レジンも配合されているので、経年変化で少しずつ変色してしまいます。

  • 他のセラミックに比べると透明感に劣る所があります。

ページの先頭へ戻る