リタイヤ前にやっておけば良かった…と後悔した事「歯科へかかっておけばよかった」が上位に。

60歳未満vs70歳以上 健康への関心がこんなに違う!!

  • 55〜59歳
    check
    この年代で目立つのは健康面の意識、特に体の衰えを感じてか、体を鍛えておけば良かったという点である。
    また、肌の手入れという見た目への意識も感じられる。
  • 70〜74歳
    check
    歯の後悔はこの層がダントツ。やはり年齢を重ねるほどに、歯の問題は深刻になるようだ。福祉サービスが17位と、介護について真剣に悩み始めるのもこの層。この年代になると、はっきりと歯への違和感や、異常を感じていることがわかる。病気と歯周病などの関連性も指摘される。
食べる楽しみ、スマイル、しゃべる…お口の健康は全身の健康につながります。今から予防歯科始めましょう。

あなたは虫歯になってから歯医者にいきますか?

日本人の80歳のときの残在歯の数は10本程度といわれています。当然、それに伴い、入れ歯への依存度はとても高いことがわかります。特に、50歳を超えた日本人の半分以上、また75歳を超えると6割~7割程度の患者さんが入れ歯に頼っているという話があります。
これに対して欧米人は同じ年齢でも残在歯数は日本の倍程度(20本程度)の本数が残っているといわれています。
この違いはどこからうまれてくるのでしょうか。実は、予防歯科に対する概念の違いがこの結果をうんでいるのです。
よく日本で聞くのは「痛くなったら歯医者さんへ通う」という考え方ですが、欧米では「痛くなる前に予防に通う」という考え方が新党しています。
私たちただこし歯科クリニックは、この現実と向き合い、少しでも日本で「予防歯科」を浸透させていくことを目標にしています。

先進国の70歳残存歯数
先進国の70歳残存歯数

健康管理が明るく未来を健康に!

*

近年、健康意識が高まり、定期的に運動をする方が増えてきたように思いますし、食事に対しても気を使う方が増えたように思います。上記のような習慣のように、定期的に歯科医院に通って予防をするという概念もそれと同じことと考えて良いでしょう。
一般的に、理想的な来院ペースは1~3ヶ月とされていますが、その人の状況に応じて決定していきます。そして、このようにしてプロフェッショナルケアを受けられた患者さんと、痛くなったときにだけ歯医者さんへ通う患者さんでは最終的な残存歯数、またそれだけではなく健康面においても大きな差が出てきます。
これからもずっと不自由なく食事をするためにも、年齢を重ねても健康でいつづけるためにも予防歯科で歯医者さんへ通うことが大切です!

ページの先頭へ戻る