歯科医院におけるセカンドオピニオンについて

歯科医院や歯科医師によって、同じ症状であっても、診断や治療法が異なることがよくあります。そのため一般歯科、矯正歯科、小児歯科などへ歯科治療のセカンドオピニオンを受けるケースも多くあります。歯科口腔外科でのトラブル、歯列矯正などの診断の妥当性、歯周病治療の進め方について、虫歯治療や詰め物や被せ物(審美歯科も含む)、根管治療・保存治療、予防歯科に関する不安などを解消するためにも、場合によっては違う医院や大学病院で検査をしてみても良いかもしれません。

「本当にこの治療で良い?」「提案された治療法に不満が…」そんなときはセカンドオピニオン

どの様な場合に、
セカンドオピニオンが必要なのか?

*

現在通っているかかりつけの歯医者さんの診療、もしくは治療方針に疑問を感じ、そのことについて担当の歯科医師に聞いても納得のいく解答が得られなかった場合などに検討をすると良いでしょう。担当医の先生やクリニックとの信頼関係ができていることがとても大切です。

このようなことでセカンドオピニオンを考えたことはありませんか?

歯を抜かなければいけないケースとは?

  • 根尖病巣が大きく、根管治療では期待できない
  • 歯根破折している
  • 歯周病が進行して、グラついている
  • むし歯が大きく骨より深いところまで進行している
  • 矯正治療をしていく上で、間引きが必要

歯を抜いてインプラントにした方が良い
ケースとは?

歯根破折、歯内療法(根管治療)では予後の悪い根尖病巣がある場合、また歯周病などでこれ以上骨が減ると将来的に入れ歯しか治療方法がなくなってしまう場合には、骨があるうちにインプラント治療によりかみ合わせを回復させたほうが好ましいと思います。

根管治療(歯の根の治療)をしたところが
痛い場合はどうしたら良いか?

根尖病巣がどの程度の大きさか、歯根にクラックが入ってないか(破折してないか)、根管内の薬がきちんと入っているかなどを、レントゲンだけでは難しい場合も多くありますので、CT画像により診断して、再度、根管治療にて治せる見込みがあれば、根管治療が良いかと思います。

歯科用CTでより精密な診断を!

しかし、歯根が破折していたり、根尖病巣が大きく予後が悪い場合は、歯内療法(根管治療)では難しく、抜歯が必要となります。また根尖病巣がある程度大きいものの根管治療をきちんと行った上で、歯根端切除術によって外科的に根尖の病巣を除去する治療方法もあります。

歯内療法(根管治療)が上手くいかないので
抜歯と言われた場合はどうしたら良いか?

根管内は、根管の枝が非常に複雑で、根管内をきちんとキレイにすることが困難な場合も多くあり、一度感染した根管治療の5年成功率は43%という文献もあります。非常に長く良好に保たせることが難しい治療ではあります。

複雑な根管治療も悩まずご相談ください!

しかし、東京などには歯内療法(根管治療)を専門にされ、歯内療法のみを行っている歯科医師もおり、彼ら歯内療法専門医であれば、難しい根尖病巣であっても残せる場合も多くあります。
しかし、例え歯内療法専門医がマイクロスコープを用いたとしても、保存が困難な歯は多くあります。どんな歯でも残せるとは限りませんので、一度過去の対応した症例のケースをみせてもらうなどの相談をしてみても良いかもしれません。

顎の骨が少なくインプラント治療ができない
と言われた場合はどうしたら良いか?

骨が少ないのでインプラント治療ができないと言われた場合、2通りあり、誰がやっても治療ができないほど骨が少ない状況である場合と、施術する歯科医師の技術不足により難しい骨造成を伴う治療であるか、インプラント治療ができない場合があります。
もちろん、施術する歯科医師の得意・不得意の骨造成の場合もありますので、インプラント治療ができないと断られても、インプラント治療を得意としている歯科医院で、一度相談してみるのも良いかと思います。

虫歯が再発して抜歯をした方が良い
と言われた場合はどうしたら良いか?

虫歯が骨より深い部分まで進行している場合は保存が難しくなります。しかし、実際に冠を除去して、虫歯を除去していくと、上手く残せる場合もありますので相談されるのもいいかと思います。
また虫歯により大きな穴が開いていた場合では、残せる場合と残せない場合のどちらも多くあり、施術、使う材料などにも予後が影響されるのでセカンドオピニオンで相談されるのもいいかと思います。

親知らずは抜歯をしなければならないのか?

親知らずにより「歯茎の腫れ」「隙間に汚れがたまり虫歯に」「周囲の歯並びが悪化」が引き起こされます

上下の親知らずが健全できちんと噛んでいる場合では、抜歯の必要はありません。しかし、親知らずで抜歯したほうがいい場合は、奥歯で横向きに歯茎の中に埋まっており、このままだと手前の歯を将来的に傷つけ保存不可能にしてしまうリスクがある場合や、変な方向に生えてかみ合わせに関係がなかったり、大きな虫歯で崩壊している場合などです。上記のように、親知らずを残すことにより他にデメリットが出てしまうので抜歯したほうが良いかと思います。

セカンドオピニオンの
メリット

*

歯科診療というものは、歯科医師やクリニックの方針によって、それぞれに考え方が微妙に異なることも多くあります。診断基準も異なります。現在のかかりつけの歯科医師の説明、治療に満足がいかない場合、他の歯科医師の意見を聞くことにより、患者さん自身の悩みが解決したり、もっと違う治療方法があったのではないかなどの不安が解消され、納得が出来るのではないかと思います。

ページの先頭へ戻る