生まれてくる赤ちゃんのために、マイナス1歳からの虫歯予防しませんか?

生まれてくる赤ちゃんのために、マイナス1歳からの虫歯予防しませんか?

生まれたばかりの赤ちゃんには、虫歯はいません。

では、なぜ子供に虫歯が出来るのでしょうか?誰から、虫歯菌は、感染するのでしょうか?

*

最もお子さんと接するのは誰かと思い浮かべてもらえれば、分かってもらえると思います。
最も可能性が高いのはママさん、あとは家族の方なのです。
そのため、対象となるママさんの歯肉炎を改善し、口をきれいな状態を維持し、家族からの感染を注意することが、お子さんの歯周病菌、虫歯菌の感染を抑えることに繋がるのです。

では、いつごろ感染するのでしょうか?

歯がある程度生えてから、特に1歳半から3歳までの期間に
感染することが多いと言われています。
そのため、3歳までに虫歯菌の感染を防ぐことが出来れば、将来虫歯になるリスクを大きく減らすことが出来るのです。そのために、3歳までの食習慣や良い歯磨き習慣が身につけることが大切で、当院では食育、歯磨き指導に力を入れています。
また妊娠中は
ママさんの
ホルモンバランスが崩れ
歯周炎になりやすくなります。

妊娠期の歯周病は、妊娠性歯周炎と呼ばれ、陣痛を起こすプロスタグランジンという生理活性物質を産生し、早産、低体重児出産のリスクを高めます。
では、どのくらいかと言えば、歯周病は早産や低体重児出産のリスクが、7倍になるといわれています。これは、たばこのリスクと同じくらいのなのです。そのため、お子さんのためにご自身の歯周病予防をすることが、大きな価値を持つのです。そのため、母子健康手帳(受診票、健康手帳)を持って、歯科検診(歯科健康診査)など、かかりつけ歯科医院(歯科医療機関)を受診して、検診してもらうと良いかと思います。

妊娠性歯周炎 陣痛を起こすプロスタグランジ産生 早産、低体重児出産のリスクを高める

安定期に入ったら、歯科医院で、衛生士による定期的に口の中の歯石とり(クリーニング)を行い、きれいな状態を保つことが、生まれてくるお子様のためになります。

また出産後当分は、お子さんにかかりっきりになるため、中々歯科医院に行ったり(歯科受診)などの外出が難しくなります。ある程度たった後も、お母さん、家族の協力がなければ難しくなるため、出産前(妊娠後期)までに、歯石を取り、きれいな歯肉の状態にしておくこと、また虫歯があれば歯科治療しておくことが、大切になります。


*
*

出産後当分は、子育てが大変かと思いますが、御自身できれいな状態を維持できるよう歯磨きをしっかりしていただけるといいかと思います。
そのことがご自身、お子さん両方の、虫歯、歯周病予防につながります。

お子さんのために大切な10のポイント

お子さんのために大切な10のポイント

  • ママさん自身の口の中を、
    虫歯、歯周病のない、
    きれいな状態を維持する

    *
  • 妊娠安定期(5か月から8か月)に
    虫歯治療を行う

  • 妊娠中でも出来たら定期的に
    予防のケアを行う

  • つわりがひどい時は、
    食後のうがいだけでもしたほうが良いです

  • 妊娠中でも必要な栄養素は、
    バランスよく摂りましょう

    *
  • お子さんへの感染をなるべく防ぐこと、
    家族の協力も必要です

  • お子さんが1歳半から
    3歳の間は、
    特に
    感染しないように注意する

    *
  • お子さんのためにお菓子ではなく、
    キシリトールなどを与える
    ことによって
    虫歯予防を行う

  • お子さんの仕上げ磨きを
    しっかりと行う

    *

マタニティ歯科Q&A

  • 妊娠中に歯の治療はできますか?
    *

    虫歯治療(歯科治療)の時期は安定期(5~8ヶ月)が最適です。また麻酔(歯科麻酔薬)は、妊婦にも問題はありません。しかし、妊娠初期や出産前でも、ズキズキしたりの急激な痛みがあったり、腫れたりした場合は、母体を優先しないといけない場合もありますので、我慢せず相談ください。 。

  • 妊娠中のむし歯治療で使う麻酔は大丈夫なの?
    前歯の差し歯や銀歯、詰め物が取れた場合、または、虫歯でズキズキしてしまい神経をとる治療が必要な場合があります。そんな歯科治療が必要な場合に、歯の治療に使う麻酔薬(麻酔剤)は、当院では 局所麻酔(歯科麻酔)なので通常の使用量では問題がでることはありません。また、麻酔液が適量であれば、赤ちゃんへの影響を及ぼすことはありませんので、ご安心ください。
  • 妊娠中にレントゲン撮影をしても大丈夫なのですか?

    当院ではできるだけ妊娠中の方のレントゲン撮影(エックス線撮影)はしておりません。しかしどうしても痛みが強かったりして治療が必要な時は、診断のために必要なこともありますので、その場合はレントゲンを撮ることもあります。

    *

    しかし当院のレントゲンはデジタルレントゲンのため従来のレントゲンと比較して、20分の1ほどと、圧倒的に被ばく量が少ないため、例え妊娠中の方であっても問題ないといわれております。それでもレントゲン撮影をする時は防護エプロン着用しておなかの赤ちゃんに影響が出ないよう細心の配慮を行いながらしていきますので、ご安心ください。

  • お薬は飲んでも問題ないのでしょうか?

    *

    妊娠中、授乳時期は出来るだけ、飲まないほうがいいと思います。しかし、限度がありますので、その時はかかりつけの産婦人科の主治医もしくは私たち(かかりつけ歯科医)にご相談ください当院では、あまりお薬(薬剤)を処方しない治療方針ですが、どうしても必要な場合は 処方する場合があります。
    その場合は産婦人科でも処方されているような体に問題のないと言われている薬を処方しますのでご相談ください。

  • 親知らずなどの抜歯をしても心配ないのでしょうか?
    安定期となる妊娠後期に、局所麻酔薬(歯科麻酔薬)をして抜歯をすること自体は、さほど問題ありませんが、気にすることは、化膿止め(抗生剤、抗生物質)や痛み止め(鎮痛剤)などの薬は、安全性を考えると出来る限り飲まないに越したほうが良いということです。ボルタレン(ボルタレン錠)、ロキソニンなども、禁忌となります。カロナールは妊娠後期には第一選択とはなりますが、その場合もかかりつけの産婦人科医(医師)とご相談ください。 また出産後に母乳を与える時にも薬は、注意が必要ですのでかかりつけの歯科医師、医師にご相談ください。
  • 妊娠している時でも矯正治療はできますか?
    妊娠している時でも矯正治療(歯列矯正)は出来ます。ただ矯正で注意しておいた方が良いことがいくつかあります。まずは術前のレントゲン(エックス線撮影)です。出来れば、妊娠中には避けたいところです。次に抜歯の時の投薬ですが、出来れば薬を飲むことを避けた方がいいかとは思います。この二つの注意を考慮すれば、妊娠中でも矯正は大丈夫です。
ページの先頭へ戻る