歯が欠けた

よく食事中に、ちょっとアイスやピーナツなどの固いものを食べた程度で、歯が欠けてしまった経験がある方もいらっしゃるかと思います。しかしながら、何も問題ない健全な歯が、食べ物でかけることは余りありません。歯が欠けるには、欠ける理由があるのです。

原因

01虫歯
虫歯によって歯が溶けてしまう時は、歯と歯の間から虫歯になる症例が多くあります。その症例は、まず外側の固いエナメル質を点状に溶かし、次にその中の象牙質を溶かしていきます。この時にエナメル質と象牙質では硬さが異なり、象牙質の方が柔らかいため、虫歯は象牙質を先に溶かしていくのです。そのため、外側のエナメル質は残っているものの、中の象牙質は溶けて空洞となり、歯が脆くなりっているので、食べ物などでも欠けてしまうのです。
02歯ぎしり・食いしばり・TCH
歯ぎしり・食いしばりは、起きている時より、睡眠時の無意識のうちに、ギシギシしたり、グッと噛み締めたりすることが多いです。
歯ぎしり、食いしばりにより歯にかかる荷重は、その方の体重の2~3倍程の力がかかることもあると言われており、その力により歯が欠けてしまうことがあります。特に神経の処置をしてある歯(失活は)の場合、歯が脆くなっているので、強い荷重に耐えきれなくなって、破折してしまうことも多くあります。
TCHとは、「歯列接触癖」のことで、上下の歯が軽く当たるくらいの弱い力であっても、長い時間当たっていると、その力が歯にとって負担となり、歯が欠けたり、破折したり、しみたりすることがあります。
03外傷
交通事故や転倒、子どもでは鉄棒でぶつけたなど、強い外的な衝撃などの要因で、歯が欠けたり、脱臼したり、破折したりすることがあります。この場合には、自分の経験上、口、舌なども傷付けたりしていることも多いので、早急な対処が必要です。
04酸蝕歯
歯の表面は、通常エナメル質という硬い材質で覆われていますが、それが飲み物、食べ物なので、歯が酸性に傾き、エナメル質が柔らかくなります。その状態で歯ぎしりや食いしばりが起こると歯が削られてしまうのです。

対処法

小さく欠けてる場合

前歯で小さく欠けている場合は、レジン充填と呼ばれるプラスティックの白い詰め物を保険治療で治すことができます。強度は、セラミックや金属と比較すると劣りますが、欠けた部分だけ詰めて修復するので、余計に歯を削る必要がないことがメリットです。

中くらいに欠けている場合

前歯で中くらいに欠けている場合は、歯の全体を被せる必要があります。保険診療であれば、金属のフレームの上にプラスチックを盛る被せ物になります。自由診療では、オールセラミック冠が一般的です。奥歯で欠けた場合の保険診療では、被せ物が銀歯かプラスチックの歯になります。詰め物であれば、銀の詰め物になります。自由診療では、セラミック冠またはセラミックインレーと呼ばれる詰め物になります。

大きく欠けた場合

神経が生きている歯で、大きく欠けた場合は、神経を残すことができれば、全体に冠を被せます。神経が露出していた場合は、神経を取って、根っこの治療が必要となります(根管治療)。そのあと、神経を取った歯は、脆くなり破折のリスクがありますので、土台を入れてその後、強度を出すために、全体を被せ物をする形とします。

大きく破折した場合

大きく欠けた場合の中でも、歯が骨縁下まで広がる程まで、大きく欠けた場合は、歯の保存が難しく、抜歯となります。その場合、抜歯した後は、そのまま放置しておくと、噛み合わせが悪くなり、更に歯を失うことになるため、噛み合わせを安定させ、歯を長持ちさせる為に、入れ歯、もしくはインプラントが必要となります。また両隣りに歯がある場合は、ブリッジで治療することもできます。

外傷により脱臼した場合

脱臼したまま放置するのは良くありませんので、早急に歯医者さんにて、脱臼した歯と隣の健全な歯を接着剤で固定する必要があります。この応急処置を迅速にすることにより歯を残せる可能性が高くなります。この場合には、腫れたり、痛みが出たりするので、鎮痛剤などが必要となるかと思います。

歯が欠けて、違和感や痛みなどの症状がなくても、またどのように歯が欠けてしまった時でも、そのままでは、舌を傷つけたり、痛みが出たり、腫れたりするリスクがあり、それぞれの状態、程度に応じた治療方法がありますので、早急にかかりつけの歯医者さんに行かれることをお勧めします。

ページの先頭へ戻る