親知らずで悩んでいる

親知らずとは何か?

*

親知らずとは、前から数えて8番目の歯のことを言います。または智歯(ちし)とも呼ばれることもあります。
永久歯が生え揃って20歳前後に生えてくることが多く、歯ぐきの中で横になってしまい出てこない場合もあります。また、親しらずは生えるスペースが少なく、真っ直ぐ生えてくることが少なかったり、上下で噛み合わせていないことが多く、歯ブラシが届きにくいので虫歯になりやすいこともあります。そのため、虫歯になってしまったり、何度か腫れたりを繰り返していると抜歯をすすめられることも多い歯になります。
親知らずは口腔外科手術の分野になるため、怖い、恐怖感があるなどと、マイナスの印象を持たれることも多いですが、メリットもありますので、下記をご確認ください。

親知らずは必ず抜かなければいけないのか?

親知らずは必ず抜かなければいけないということはありません。
ただ、上下で噛み合っていないと歯の役割を果たしていませんし、レントゲンなどで撮影した時に真っ直ぐ生えることも少なく、横向きに倒れて生えることもあり、汚れが残りやすいことから歯ぐきが腫れる原因にもなりやすい歯です。
歯としての機能をあまり果たしていなく、お口にとってデメリットが多い場合には抜歯をすすめられることが多い歯です。
しかし、最近では再生医療も進化してきて親しらずを移植することができる方法もでてきています。適応は、奥歯のみと制限はありますが、その時のために残しておくという選択肢もでてきています。

こんなお悩み、ありませんか?

  • 上下でかみ合っていない
  • 横向きで汚れが溜まりやすい
  • その他にデメリットが考えられる

*

お悩みがありましたらお気軽にご相談ください!

親知らずが虫歯になった場合の対処法

親知らずが虫歯になってしまった場合には、繰り返し虫歯になるリスクもあるので、抜歯を選択することが多いです。親知らずは本来なくても良いとされている歯ですし、しっかりと生えて噛み合わせて使用することができる場合はかなり少ないです。歯として使用することが難しく、虫歯になってしまった場合には抜歯することをおススメしています。
また、親知らずは虫歯だけではなく、歯周病にも大きな影響を与えます。親知らずの下に細菌などが入ると、そこから炎症が起き、歯茎の腫れが起きます。それが悪化すると歯を支える周囲の骨を溶かしてしまうこともあります。親知らずだけならまだしも、健全な他の歯にも影響を与えるという意味では、歯周病も非常に怖い疾患です。

親知らずは必ず抜かなければいけないのか?

他の歯を押して噛み合わせに影響が。結果、頭痛の原因になることも。

親知らずとは、前から数えて8番目の歯のことを言います。または智歯(ちし)とも呼ばれることもあります。
永久歯が生え揃って20歳前後に生えてくることが多く、歯ぐきの中で横になってしまい出てこない場合もあります。また、親しらずは生えるスペースが少なく、真っ直ぐ生えてくることが少なかったり、上下で噛み合わせていないことが多く、歯ブラシが届きにくいので虫歯になりやすいこともあります。そのため、虫歯になってしまったり、何度か腫れたりを繰り返していると抜歯をすすめられることも多い歯になります。
親知らずは口腔外科手術の分野になるため、怖い、恐怖感があるなどと、マイナスの印象を持たれることも多いですが、メリットもありますので、下記をご確認ください。

親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯は当日中に完了するのか?

検査をしてどの様に抜くのかを検討する場合はありますが、抜歯をする日が決まるとその日のうちに抜歯をすることができます。その後、縫合した場合には糸を抜く必要があったり、翌日消毒に来院をお願いする場合がありますが、抜歯自体は1日で終了することができて、何度も通院することはありません。

痛みの少ない抜歯方法

親知らずが生えてきて間もない場合には、まだ根がしっかりと定着していないので、痛みが少なく抜歯をすることができます。また、親知らずが横向きに生えているなどで、神経を圧迫しているケースも多く、そういった場合は若干の痛みが出る可能性があります。親知らずが噛み合わせていない場合には、早めに抜歯をしてあげると良いでしょう。

抜歯後の注意点について

抜歯後は飲酒や激しい運動は避けた方が良いです。
血流のめぐりが良くなってしまうと出血しやすい状況になったり、腫れやすくなってしまうので、熱いお風呂も避けてシャワー程度にしておきましょう。
また、麻酔を行うことも多いため、食事がしづらくなるなどの影響もでる可能性があります。刺激の強い食事もしみやすい原因になってしまうので気をつけましょう。

抜歯後は腫れるのか?

親知らずがほとんど出ていない場合には、歯茎を切開して抜歯していきます。
その場合には少し腫れる場合もありますが、1日~3日程度で落ち着いてくることがほとんどです。その親知らずの状態によって腫れる場合とそうでない場合があります。

費用について

親知らずは保険治療の範囲内か?
痛みがある親しらずの治療は基本的には保険治療の範囲内で行うことが出来ます。
ただ、矯正や美容目的になってしまうと保険が適応できない場合もあるので注意が必要です。
費用はどれくらいかかるのか?
検査する内容や、親知らずの生え方によっても少し料金が変わってきますが、3割負担の方で3,000円~5,000円程度で抜歯することが多いです。

親知らずの抜歯について

実際に親知らずを抜いた友人からの紹介が有効です

実際に来院した人から様子を聞くと、ある程度親知らずの抜歯が得意か知ることができます。
親知らずは生え方によって抜歯の難易度も大きく変わってくるので、同じ状況にならないこともありますが、友人のおススメの紹介で治療すると安心でしょう。
歯科には専門分野や得意分野があることが多く、抜歯が得意な先生と親しらずは紹介状などで大学病院にお願いする先生もいます。親しらずの状態がほとんど生えていなく、真横に生えているなど難しい場合にもよります。

症状が様々な親知らずはご友人の体験談を聞けると良いです

そのため、抜歯ができて、時間がどの程度かかったか、痛みや腫れがなかったかなど、実際に抜歯をした友人の話しが聞けると安心です。また友人が難しい場合には、最近ではインターネットで口コミを確認することも出来るので抜歯した人がいるか確認してみましょう。

インプラントなどの外科処置に長けているか

インプラント手術を数多く行っている歯医者の場合には、まず設備が整っていることが多いです。
手術スペースとして個室のクリーンルームがあるとその空間は感染防止になって、かなり清潔な状態となり、抜歯の際でも安心して治療を受けることができます。
そして、インプラント手術を行う場合には、滅菌に力を入れている歯医者も多いので、その点も安心です。
またインプラント手術などの外科手術を多く行っていると、外科手術を得意としていることが多いですし、インプラント手術は知識と技術と経験が必要な治療なので、症例が多いと抜歯も安心して任せることができる場合が多いです。さらに、大学などで口腔外科を専門に学んでいる歯科医師は、得意として可能性は高くなります。

外科処置を得意とする医院であることも選ぶポイントの一つです

またインプラントは新しい技術が日々進化している分野なので、インプラントに関して勉強をしていることが多いです。そのため、インプラント認定医を持っていると、学会などにも参加していたり色々な基準をクリアして認定される資格なので、広い知識を持って勉強しているポイントの1つになります。

情報提供などをホームページでしっかり行っている歯科医院を選ぶ

ホームページを確認すると、歯科医師それぞれに得意とする分野では詳しい紹介が出ていたり、症例や口コミが出ていることがあるので、情報の提供があるかどうかみてみましょう。
今までの症例を紹介していると得意としている場合や自信があることが多いので、抜歯の症例があるかどうかも確認ポイントの目安になります。

ページの先頭へ戻る