歯がない

歯がない状態で今まで過ごしていた方は、

  • 入れ歯を作ったが気持ち悪かった、入れると痛いのでそのままにしている
  • 歯を抜いたまま、入れ歯などもを入れずにそのままでいる

という場合が多いかと思います。

では、歯がないままでも大丈夫なのかな?と疑問にもたれると思います。

抜けたままにしておくと

  • 歯がない部分とかみ合おうと歯が出てきてしまいます
  • 隣りの歯が、歯がないところに倒れてきてしまいます

このことによって、かみ合わせが悪くなっていきます。こうなってしまうと、元の状態に戻すことが大変になります。上下のかみ合わせが悪いままだと、かみ合わせが強く当たる歯に負担が多くかかり、やがてその歯に痛みが出てきて、ダメになってしまいます。その負の連鎖によって、徐々に歯がなくなってしまうのです。
また、乳歯が先天欠如によって大人になってからも残り、その歯がダメになったときも同じです。そうならないために、歯が無くなってしまうことになったら、早めに対処する必要があるのです。 では、どんな治療法があるのでしょうか?

横にスワイプしてご覧ください。

補綴治療の種類 入れ歯 ブリッジ インプラント
* * *
概要 取り外し可能な治療法。 ブリッジ治療は、失った歯の両隣の歯を削って、被せる治療法。 歯を失った顎の骨に人工歯根を埋め込み、歯を被せる治療法。
メリット
  • 早期かつ安価にできる(保険診療でも、可能)
  • 治療期間が短い
  • 噛み心地は良い
  • 保険適用も可能
  • 違和感は少ない
  • 白くきれいにすることも可能(その場合は、セラミックとなるため、保険外)
  • 治療期間が短い
  • しっかり噛める感覚が取り戻せる
  • 1本で固定できるため周囲の歯へ負担がかからない
  • 見た目に天然歯と遜色ない美しさが実現する(審美性が良い)
  • 他の残存歯に余計な負担がかからないため、ほかの天然歯が長持ちするので、結果として健康寿命が伸びる
デメリット
  • 違和感があり、慣れるまで時間がかかる
  • 次第に合わなくなってくるため調整が必要
  • 天然歯の3分の1くらいでしか噛めない
  • 見た目に入れ歯とわかりやすい
  • 両隣のきれいで健康な歯であっても、大きく削ることが必要
  • 支えとする歯に大きな負担をかけるため、歯の寿命が短くなり、いずれ失うことになる可能性が高い
  • 両隣に歯があることが必要
  • 食いしばり、歯ぎしりのある方は 特に寿命が縮まりやすい
  • 保険適用されないため自費診療となり高額
  • 治療期間が長い
  • 外科手術が必要なため、慢性疾患などを理由に治療が受けられないことがある
  • 元々の骨がなくて神経までの距離が足りない場合では出来ないことがある

このように、補綴治療にはそれぞれ長所と短所があります。口の中の状態、健康状態によっても、適した治療が異なってきますので、レントゲンやCTなどにてきちんと診断して歯を失った原因を考慮しながら、あなたの状況に合わせてお話させて頂きますので、一度ご相談ください

ページの先頭へ戻る