口臭が気になる

口臭には、生理的口臭と病的口臭があります。生理的口臭は、自然な口臭で、朝起きたときは唾液の量が少ないため、においやすかったりしますが、特に気にされる必要はないと思われます。問題は、病的な口臭です。胃、腸などの内臓系の病気、口の中では、虫歯、適合の悪い被せものをしている場合がありますが、こうしたいろいろな病気のなかでも、もっとも口臭の原因となりやすいのは、歯周病です。この歯周病を治すことによって、口臭を抑えることが出来ることが多いのです。虫歯で穴が開いており、歯茎が腫れている人は、たいてい、口臭があると感じます。きちんと虫歯治療、歯周治療をすることによって、口臭を大きく改善し、抑えることが出来ます。

特に大切なことが寝る前の歯磨きです。

虫歯、歯周病を抑えるためには、朝昼晩の食後の歯磨きが、大切なのですが、その中で最も大切なのが、夜の寝る前の歯磨きなのです。夜は唾液が減ることもあり、歯周病菌、虫歯菌が増えます、また口を開けていたりすると、さらに増えます。そのため夜口の中をきれいにすることによって、細菌の餌となる食べかすなどをなくす為に、きれいに歯磨きをする必要があるのです。朝は、どうしても細菌が繁殖して、増えているため、朝も夜の次にきれいにすることによって、口臭を抑えることが出来るようになります。

*

また日々の家庭での歯磨きと同様に大切なことは、歯科医院での衛生士による定期的な予防のメンテナンスです。歯面にこびりついた歯石やバイオフィルムは、家庭での歯磨きではとることが出来ないのです。それを特殊な器具などを用いてきれいにしていきます。口の中を、きれいな状態に持っていけば、口臭も減っていきます。

ページの先頭へ戻る