歯が痛い、しみる

冷たいものがしみる場合

水など冷たい飲み物でしみる、ブラッシングの時にしみるという感覚がある場合は、知覚過敏または虫歯が疑われます。
知覚過敏の原因はストレスと言われており、歯ぎしり・食いしばりなどによる悪習癖により、歯と歯茎の境目に負担がかかり、まずはエナメル質が削れて、その後、象牙質と呼ばれる歯質が出てきて、象牙細管がむき出し(象牙質露出)状態となります。自覚症状としては、しみるようになったりします。また歯磨きが強すぎることで歯ぐきが下がったり歯が削れたりすると起きます。この場合の対処法として、表面に知覚過敏用のコーティング材やレザーを当てたり、歯を守るために、マウスピースを用いる治療法があります。
次に、虫歯でしみるのであれば、虫歯が大きくなっていることが多いため、虫歯の部分を削って部分的に詰めるといった処置で治すことができる場合と、虫歯が神経まで達している場合は、神経を取り、根っこの治療(根管治療)が必要となります。
知覚過敏の症状と虫歯の症状の判断は難しいこともあるため、どちらの場合においても、一度歯科医院にて診てもらったほうが良いと思われます。

歯科治療した歯が、
後日にしみたり、痛くなった場合

この場合で考えられるのは、詰め物の下の虫歯そのものが大きく、元々歯の神経に近いところまで進行していた場合です。神経までの距離が近いために、しみたり、痛みが出やすかったりします。
また、虫歯治療などで歯を削るときの刺激や熱により神経にダメージを与え、興奮させてしまうことがあり、2~3週間程は、しみたりすることはあります。

*

また銀の詰め物や銀歯は、金属であるため、冷たいものや熱いものを伝えやすく、そのためしみやすいこともあるのです。またそのよう場合でも、3週間程様子を見て、風がしみなくなったり、症状が軽減しているのであれば、経過観察で神経を残せる可能性が高いかと思います。
反対に症状が強く出るようであれば、神経を取る処置(根管治療)が必要となります。または詰め物のかみ合わせが高くて 痛みが出ることがありますので、そういった場合は詰め物のかみ合わせを調整することで改善していきます。

咬んだときに鈍い痛み(鈍痛)や
違和感がある

歯ぎしりや食いしばりをされている場合、強い負荷が歯にかかることで歯の根っこが膿んだり、歯の根っこが割れていたり、ヒビが入っていたりすることがあります。 あるいは、全体の咬み合わせが悪かったり、部分的に咬み合わせが強く当たっていたりしても同様な症状が出たりすることがあります。この場合は咬み合わせの調整(咬合治療)が必要になってきますが、歯が破折している場合は、抜歯が必要となる場合が多いかと思います。しかし破折している場合、レントゲンでは分かりにくい場合があり、その時はCTにて詳しく診断する必要があります。(当院では歯科用CTを完備しております)

何もしていなくても、
ズキズキと強い痛みを感じる

この場合は、虫歯が深く神経まで達している場合と、すでに虫歯に感染して神経が死んで根っこの先に膿が溜まっている場合があります。この場合は、根っこの治療(根管治療)が必要となり、何回か通院が必要となることが多いです。激痛がある場合は、歯医者に行く前に痛み止め・化膿止めの薬を飲んでおくのも良いかもしれません。

親知らずが、腫れて痛い場合

親知らずが、腫れたり、痛む場合は、歯の生え方や状況から、遅かれ早かれ抜歯が必要な可能性が高いです。そういった場合、まずは早めに掛かりつけの歯医者に行った方が良いのですが、その時に、治療法として2通りあります。その日に抜歯するか、もしくはその日は消炎処置に留めておいて、腫れ、痛みが治ってから抜歯する場合です。腫れ、痛みが強いときは、麻酔が効きにくかったり、腫れているときに抜歯をすると、その後の腫れや痛みがでやすいなどのデメリットはありますが、メリットとして、早めに治ります。また、仕事で忙しい方で中々来れないかたは、回数が少なくて済みます。後日 抜歯する方は、痛みや腫れが少ないということが 一番のメリットかと、デメリットとしては、抜歯するまでに、腫れたり、痛みが出たりの症状が出る可能性があるということです。

矯正治療中で、しみたり痛みがある場合

矯正のワイヤーの装置やマウスピースを入れて、2、3日は、痛みが出ることがあります。その後は、痛みなども取れていきますが、ワイヤーを、付けたばかりの頃に痛みがあるときは、痛み止めの薬(鎮痛剤)を飲まれると良いかと思います。

ページの先頭へ戻る