大人の予防歯科Q&A

*

  • 歯石をとるのは痛いですか?
    痛みの感じ方に個人差があると思いますが歯茎のうえについている歯石(縁上歯石)をとる場合ほとんどお痛みはありません。歯茎の中の歯周ポケットに沈着した歯石(縁下歯石)をとる場合は多少のお痛みを伴う場合もあります。麻酔をするなどし対応していきますのでご安心ください。歯石の表面は歯の表面と違ってザラザラしていますので歯垢(プラーク)が付着しやすいのです。そのためなかなか歯茎の炎症がおさまらないという悪循環がおこってしまうので歯石をとることをおすすめします
  • どんな人が歯周病になりやすいですか?
    • ・歯磨きが習慣化されておらず磨かずにねてしまうことがある方。
    • ・歯並びが悪い方(歯ブラシが届きにくく歯垢がたまりやすいため)
    • ・かみ合わせが悪い方。(ある部分にだけ咬む力が加わり歯を支えている骨が吸収してしまうため)
    • ・たばこを吸う方。歯茎の血行が悪くなり歯周病細菌に対する抵抗力が低下してしまうため。
    • ・歯ぎしり、食いしばりをする方。(歯ぐきや歯に負担がかかりやすいため)
    • ・口呼吸の方。(鼻呼吸をしないと口が常に開いた状態になって乾燥し細菌が繁殖しやすい状態になるため)
    • ・女性の方でホルモンのバランスが崩れる時期の方。(エストロゲンという女性ホルモンがある特定の歯周病菌を増殖を促すのせす。思春期、妊娠期、更年期など)
  • 歯周病は遺伝しますか?
    重度の歯周病のかたがご家族にみえるかたは歯周病に対する注意が必要です。家族内感染も考えられ子供への口移し、同じ箸やストローを使用する、一つのお皿を箸でみんなでつつくという行為でも歯周病に感染するという報告もあります。家族や子供とのスキンシップを経つのではなく歯周病ケアをしお口の中の細菌を減らしていくことをおすすめします。歯周病は自覚症状なく進行していく病気ですからまずは検査をし歯周病のレベルを自覚することが必要です。ご自身では大丈夫だと思っていても中等度から重度の歯周病に感染してしまっている方もみえます。まずは一度ご相談ください。
  • 糖尿病と歯周病が関係あるときいたのですが?

    糖尿病は喫煙と並んで歯周病の二大危険因子なのです。歯周病は以前から糖尿病の合併症の一つだちいわれてきました。しかし最近では歯周病があると血糖のつまり、歯周病と糖尿病は相互に悪影響を及ぼしあっているとかんがえられるようになってきています。

    糖尿病から歯周病への影響

    糖尿病で高血糖状態が続くと体の中の防御反応が低下して感染症にかかりやすくなるといわれています。細菌感染を原因とする歯周病でも同様で糖尿病の人は健康な人にくらべて歯周病にかかるリスクが高まるといわれています。また高血糖状態で歯茎の血管が傷んでしまうことで歯周病が進行しやすくなります。

    歯周病から糖尿病への影響

    歯周病によって歯茎のなかでつくりだされる炎症性物質は血液を介して血糖をコントロールするホルモンであるインスリンの働きを妨げ糖尿病を悪化させる可能性があります。歯周病の治療をしたらインスリンがへったという報告もあるようですので糖尿病の血清コントロールに歯周病治療はかかせないと思います。

  • 歯周病菌が動脈硬化を悪化させるのですか?
    動脈硬化は不健康な食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が要因とされていましたが、別の要因として歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質がでて血管内に粥状の脂肪性沈着物ができ血液の通り道が細くなってしまうとクローズアップされています。プラークが剥がれて血の塊ができるとその場で血管がつまったり血管の細い部分つまってしまいます。動脈硬化のなかでも動脈内部がどろどろになる粥上硬化の部位からも歯周病菌はみつかっています。チーズのようで硬くなったアテロームと呼ばれる部分からも菌はみつかっています。
  • たばこと歯周病は関係ありますか?

    たばこが歯周病に悪影響をあたえていることは意外としられていないようです。
    たばこにふくまれるニコチンが歯茎の血流を悪くし酸素や栄養を行き渡らせなくします。そのため歯周ポケットの内の酸素が不足し、嫌気性菌(歯周病の原因菌のひとつ)が繁殖しやすい環境を与えてしまいます。通常は血中の白血球が歯周病菌と戦って歯周病の進行を抑えてくれますが喫煙する方にはこの白血球による免疫力や抵抗力まで低下させてしまうので歯周病は進行してしまうばかりなのです。歯周治療をしても歯周病の治りより進行のほうがはやくなってしまうのです。
    率直に申しますとたばこは害でしかないので禁煙するのがいいのです。
    禁煙すると歯だけでなく美容と健康、精神面でもすぐにうれしい効果が現れます。

    20分後・・・血液や脈拍、手の体温が正常近くまで回復する。
    8時間後・・・血中の一酸化酸素レベルが正常域に戻り、運動能力が改善する。
    1日後・・・心臓発作の確立が下がる。
    2日後・・・臭いと味の間隔が復活し始める。
    2〜4日後・・・ニコチンが体から完全に抜ける。
    4日後・・・気管支の収縮がとれ、呼吸が楽になる。
    2〜3週間後・・・体循環が改善し歩行が楽になる。
    1〜9か月後・・・咳、全身の倦怠感、呼吸が改善する。
    5年後・・・肺がん、脳卒中にかかる確率が半分にへる。
    10年後・・・前がん状態の細胞が修復される。
    前がん状態→がんとしてとらえることはできないが放置しておくとがんになりやすい状態。

  • 口臭がある気がします。歯周病の可能性はありますか?

    人それぞれ体に臭いがあるようにお口のなかにも臭いがあります。正常な臭いの場合生理的口臭といいますが、他人に不快感をあたえるような場合にはそれを口臭と称します。口臭の原因については色々なことが考えられますがなかでも一番相関性が高いとされているのが歯周病です。歯周ポケットにすむ嫌気性菌は硫化水素やメチルカプタンといった物質を産生しこれが口臭のもとになります。ご自身ではなかなか気ずきにくいこともあるため歯周病のチェックをされることをおすすめします。

    こんな方は一度受診が必要だと思われます。

    • 1歯茎から出血する。
    • 2口の中がねばつく。
    • 3歯茎がはれている気がする。
    • 4歯と歯の間に食べ物がよくつまる。
    • 5舌が真っ白になっている。
    • 6ぐらぐらの歯がある。
    • 7唾液がでにくい。

    など何か気になることがありましたらぜひ一度ご相談ください。

  • 女性が歯周病にかかりやすいってほんとですか?
    女性ホルモンが大きく関わっているといわれています。特にエストロゲンという女性ホルモンがある特定の歯周病細菌の増殖を促すこと、また歯茎を作る細胞がエストロゲンの標的となることがしられています。タイミングとしては思春期、妊娠出産期更年期の期間が特に女性ホルモンに変化が起こるため注意が必要です。女性特有の歯周病リスクを正しく理解して適切なセルフケアとプロケアでご自分の歯を守っていきましょう。
  • 歯磨きをしていても歯周病になりますか?
    歯周病に最も効果的な治療は歯磨きです。歯磨きが歯周病治療の基本となります。そのため歯周病の予防にも治療にも歯磨きをすることは欠かせません。歯磨きといっても歯ブラシの当て方や回数、歯磨きのタイミング歯間ブラシ等の補助的清掃用具の使い方など正しく歯磨きができて歯周病予防ができるといえると思います。磨いていると磨けているは大きな差がありますので一度歯科衛生士にご相談ください。歯磨きはとても重要な歯周病予防手段です。正しい歯磨きを身に着け歯周病予防をしましょう。
  • どのくらいおきに歯石とりするのがいいの?
    歯石のつき方には個人差があります。毎日の歯磨きや食事、間食、唾液の分泌などによってかわってきますが正しいブラッシングを習得してしっかりケアしゅれば3か月に一度ほどでよいかと思います。安定している方のみにいえることですので担当の歯科衛生士とよくご相談されると良いと思います。ただこしクリニックではケアは全て担当制としていますので患者様のライフスタイルに応じてご一緒にメンテナンスプランを考えていくことができます。また完全個室にてのケアになりますので聞きにくいお悩みなども周りをきにすることなくご相談いただけますのでまずは一度ご来院ください。
  • 妊娠しています。歯の掃除はできますか?必要ですか?
    できます。ぜひ掃除にいらしてください。
    歯周病は次の世代にまで影響を及ぼすということがいわれています。歯周病をわずらっている人を治療すると早産の発生率を減少させることができるということがわかっています。早産で生まれた赤ちゃんは様々な病気にかかる危険性があるのです。きちんと呼吸ができなかったり脳に障害があったり目がよくみえなかったりします。早産をした女性は健常児を出産した女性に比べて歯周病にかぁっていることが多いのです。歯周病をわずらっている時とわずらったいない時を比べても早産する可能性が8倍高いという報告もあります。歯周病を治療することで早産を50%減少させることができます。ぜひ大切な赤ちゃんのために今できることをすぐに開始していきましょう。

子どもの予防歯科Q&A

*

  • 子供に親御さんがやってあげる「仕上げ磨き」は何歳まで続けていった方がいいですか?
    はっきり申しますと「その子が磨けるように成るまで」です。
    小学校高学年でも磨けていない子には親の目が必要です。
  • 最近の子供は、どうして歯並びの良くない子が多いの?
    色々な原因が重なり合って今のこの歯列不正に繋がっていますが。
    「柔らかい食べ物が多くあまりよく噛まない、舌も筋肉の塊ですその舌の筋力不足で正しい舌の使い方が出来ていない、姿勢の乱れ」が歯列不正の因子に成っていると考えられています。
    ですから、もし矯正をして歯並びが治ったとしても下やお口の周りの筋肉の悪習癖が改善されていないと 後戻りによる歯列不正が起こってしまいます。
  • 甘いお菓子を食べないと虫歯にならないですか?
    たとえお菓子を食べなかったとしても米、小麦など炭水化物が含まれている食べ物は、糖質ですから、砂糖と同じように虫歯菌が酸を生成し虫歯を作ってしまいます。寝る前に炭水化物を召し上がるのは控えましょう。
  • 寝る前に甘い物を食べるとむし歯になる?
    起きているときよりも、寝ている時は虫歯に成りやすいと言えるでしょう。寝ている間に唾液が激減します。砂糖が歯に付着したまま寝ると、むし歯菌は喜んで酸をつくり、歯に打撃を与え虫歯を作ります。
  • 虫歯にならない方法はあるの?
    答えは「プロによる定期検診・ケア」と「お家でのケア」です。この二本柱の整う事とで歯が守られます。
    プロケアの際に「現状からもう少し気をつけた方が良い点」などアドバイスします。歯科医院とあなたの力で歯を守っていきましょう。
  • 乳歯が抜けないうちに大人の歯が生えてきました!
    放っておくと抜けかけの乳歯が邪魔をして永久歯がまっすぐはえる事が出来ず歯列不正の原因に成る事があります。必ず医師の判断を仰ぎましょう。
  • 虫歯予防にフッ素が良いと聞くけど・・・
    確実に虫歯になりにくくなります。フッ素を定期的に塗ることで歯を酸から守り虫歯に成りにくくします。お子さんのためにも虫歯予防をしましょう。
  • 乳歯が抜けた後に、大人の歯が生えてこないのですが・・・
    あまり生えてこなくて心配でしたら、一度レントゲンを撮りましょう。
  • 毎日歯をきちんとみがいているのに虫歯になりました。原因は何ですか?
    歯みがきでは取りきれない汚れから虫歯になることがよくあります。また、虫歯になるかは歯みがきだけでなく食生活、歯科医院での予防処置(クリーニングなど)の頻度などにも左右されます。
  • 子どもが歯(歯医者)の治療をいやがります。どうすればよいでしょう?
    歯の治療は軽いうちにしましょう。痛いと、恐怖心が高まって、ずっと治療を拒否するようになります。泣いていやがるときは、根気よく通院すること。はじめは待合室まで、次は診療室へ、と少しずつ慣れさせます。治療ができたら、大いにほめてあげてください。また、普段からしかるときに歯医者さんを引きあいに出すなどして、恐怖心を植えつけることがないように注意することも大切です。
  • 子どもが歯の痛みを訴えるときは、どうすればよいのでしょうか?
    むし歯につまっている食べかすを取り除いて、冷やしてあげます。痛みがなくなっても、必ず歯医者さんで治療を受けさせましょう。しかし、痛がるまでおかず、はやいうちに治療するようにしてください。痛くなってからの治療は、時間もかかり、子どもを歯医者さん嫌いにしてしまいます。
  • 指しゃぶりは、歯ならびに影響があるのですか?
    5歳すぎても指しゃぶりをしていると、歯ならびが悪くなります。かといって、むりにやめさせるのは、子ども精神衛生上よくありません。指しゃぶりの原因(たとえばイライラしていたり、怒ったり、禁止したり、命令したり・・・・)になりそうな欲求不満がないか、よく観察してあげてください。そして、できるだけ話しかけ、指しゃぶりがおかしいことを優しく教えてあげてください。(3歳をすぎてある程度物事の解釈がしっかりできれば、効果があると言われてます。)自然に治ることもあります。3歳~4歳くらいまでは柔軟な態勢で見ていることも必要です。
  • 親のむし歯は、子どもにうつりますか?
    むし歯の原因になるミュータンス菌は、お母さんの口から子どもにうつることがあります。おかあさんが一度かみくだいた食べ物を、子どもの口に入れることがありますね。このとき、お母さんの口に沢山のミュータンス菌がいると、食べ物を通して、子どもの口にうつります。ですから、お母さん自信がきちんとしたケアと歯の治療を心がけ、ミュータンス菌を低いレベルに保つことが大切です。
  • 歯みがきをしても、子供の歯の汚れが落ちません?
    色素の沈着などが考えられます。色素の沈着の場合は特に心配ありません。磨いても落ちない茶しぶのような汚れは黒色沈着症といって、黒いヤニのようなものが歯の表面全体や歯肉との境付近につくことがあります。この原因は、唾液や食べ物と関係があるといわれています。 色素の沈着の場合、健康面へ影響するような心配は特にありません。気になるようでしたら、歯科医院で磨いてもらいましょう、すぐにきれいになります。ただ、虫歯の可能性もありますので、歯科医院で診てもらいましょう。
  • 子供の歯の矯正をしたいのですが、いつから始めればよいのですか?
    通常は永久歯が生えてきてからで、良いかと思われますが、乳歯の早期喪失は不正咬合を惹起する恐れがあります。早めの咬合誘導が必要になりますので、1度歯科医院で見て貰いましょう 。
  • 子供の前歯が斜めに生えてきました。どうすれば直りますか?
    小児の前歯が、最初からまっすぐ生えることは珍しく、斜めに生えてきたり、隙間が開いたりします。上顎の前歯の交換期に、扇状にひらいたりすることもあります。
    成長期にしか出来ない矯正治療もございますので 早めの矯正専門医へのご相談をお勧めします。
ページの先頭へ戻る