歯を白くしたい

歯を白くしたい時の選択肢とは?

歯を白くする方法として、代表的な治療法は以下の3通りがあげられます。

歯を白くする方法01セラミック治療

歯を白くしたい時の選択肢として、審美歯科の「セラミック治療」があります。
セラミックは変色せず、透明感があり周りの歯に馴染む素材です。セラミック治療は歯を削ってセラミックの被せ物・詰め物をすることで、自分の好みの色や形にすることができる治療法です。セラミック素材は、見た目も自然歯と同じように見える審美治療です。

セラミック治療の
メリット・デメリット

─ MERIT & DEMERIT ─

メリット
  • 自分の好みの色を選んで、セラミックを作製することができます。

  • 矯正ではできない歯の形や大きさも希望の通りにすることができます。

  • 短期間で少ない通院回数で整った歯並びを手に入れることができます。

  • 金属を使用していないので、金属アレルギーの心配がありません。

  • 耐久性も高く長持ちします。

デメリット
  • セラミックの被せ物をするために、健康な歯を削る必要がある場合があります。

  • 保険外の治療なので、費用が高くなってしまうことがあります。

歯を白くする方法02オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは歯科医院で専用のホワイトニング剤を塗布して、専用のライトを当てて歯を白くする方法です。ホワイトニングをする前にクリーニングで、歯の表面についたステインや着色汚れを落としてから施術していきます。

オフィスホワイトニングの
メリット・デメリット

─ MERIT & DEMERIT ─

メリット
  • 歯科医院で行うホワイトニングなので、高濃度のジェルを使用することができ、1度で何段階も白くすることができます。

  • 資格を持った歯科医師や歯科衛生士が施術してくれるので、安心して任せることができます。

デメリット
  • 1回でホワイトニング効果を感じやすいのですが、効果の持続性は高くないことがあります。

  • ホワイトニングは保険が適応できず、保険外なので1回のホワイトニング値段が高いことがあります。また、どの程度白くなるかは個人差がありますが、希望の白さになるまで数回施術が必要になる場合があります。

  • 少しだけ知覚過敏を感じることがあります。

  • ホワイトニング直後はタバコのヤニ、コーヒーやお茶の茶渋などが付きやすいことがあります。

歯を白くする方法03ホームホワイトニング

ホームホワイトニングはお口にぴったりと合った透明のマウスピースを作製して、自宅でホワイトニング剤を入れてはめて歯を白くしていくホワイトニング方法です。透明のマウスピースなので、周りの人の目を気にせずホワイトニングをすることができます。

ホームホワイトニングの
メリット・デメリット

─ MERIT & DEMERIT ─

メリット
  • 少しずつ白くなっていくので、オフィスホワイトニングに比べて効果の持続性は高いです。

  • 自宅で好きな時にホワイトニングをすることができるので、忙しい人でも手軽にホワイトニングをすることができます。

  • ホワイトニングは少しずつ後戻りしてしまうので、色が気になった時のメインテナンス用として使用することができます。

  • 少しずつ白くなっていくので、自然な白さで希望の色になった段階でホワイトニングを調整することができます。

デメリット
  • 少しずつ白くなるので、オフィスホワイトニングよりホワイトニングの期間がかかってしまいます。

  • ホワイトニング期間中は着色しやすい食べ物を避けることが望ましいので、その期間食事に少し制限があります。

  • 虫歯の治療をしてエナメル質や象牙質を削ってしまうと、マウスピースが合わなくなってしまう場合があり、作りなおしが必要になってしまうことがあります。

このほかにも
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時に行うデュアルホワイトニングもあり、一番早く白くすることができ、短期間で効果を発揮することができるホワイトニングなので、結婚式などこの日までに白くしたいと思っている人におススメのホワイトニング方法です。
デュアルホワイトニング
オフィスホワイトニング+ホームホワイトニング
同時に行うので、
短期間より高い効果
を発揮します!
*
ページの先頭へ戻る