大きい虫歯でも神経を取らずに済むことにより、歯を長持ちさせることが出来る治療法ドックスベストセメント。

  • 虫歯を無菌化させるセメントを
  • 塗ることによって虫歯を治す、
  • 今までにない新しい治療方法です。
あまり削らない 歯が長く持つ 少ない治療回数 痛みが少ない治療です!
ドックスベストセメントに含まれる、ミネラル成分によって、虫歯菌を無菌化します。

*

*

*

今まで、虫歯が大きかった場合は、虫歯が神経に近い場合、また神経に接している場合に、神経を取ることが多かったのですが、神経を取ることによって、歯は脆くなってしまいます。よく歯が割れてしまい、抜くしかなくなってしまうことが、多くありますが、歯が割れる場合の多くは神経を取った歯であることが多いのです。

神経が残っている歯は、中で血液が栄養を供給することもあり、歯が丈夫で、割れにくのです。また神経を取り、根っこの治療をしても、時間の経過とともに、根っこが膿んで来てしまうことがあります。しかもある程度大きくなってしまったりしている場合には、抜歯をしないといけなくなってしまうのです。

*

よく一部分の虫歯が大きく神経を取ったら、全体を被せることになってしまったという経験をされた方も見えると思います。そういった場合に、このドックスベストセメントを使うことによって、神経を取らずに、被せものをせずに、部分的な詰め物で済んでしまうことにより、結果として歯が長持ちしてくれることが多くあるのです。

ドックスベストセメントと通常の虫歯治療の違い

虫歯治療が選べます
  • 通常の虫歯治療 虫歯が大きい場合は、神経を取ることが多いです
  • or
  • ドックスベストセメント 歯が長持ちすることが多いです

<通常の虫歯治療>

通常の虫歯治療で、虫歯が大きい場合は、神経を取ることになってしまうことが多くあり、その場合は、かなりの治療回数となってしまいます。

通常の虫歯治療の長所
  • ・保険が適応となります。
通常の虫歯治療の短所
  • ・神経を抜くと歯が脆くなり、破折しやすくなります。
    歯の根っこが割れると、抜歯となってしまいます。
  • ・神経を取ったら、歯の全体を大きく削ることとなるため、被せものとなることが一般的です。
*

<ドックスベストセメント>

ドックスベストセメントは、虫歯が大きく、深くても、深いところの虫歯は取らずに、あえて残しドックスベストセメントを塗ることにより、無菌化し再石灰化させて治していきます。そのため、治療時の痛みが少なく、痛みに敏感な人にも安心です。
歯はなるべく削らないで残す治療方法で、治療期間は2,3回です。

ドックスベストセメントの長所
  • ・神経を取るリスクが減ることにより、歯が長持ちします。
  • ・痛みの少ない治療方法です。
  • ・治療回数が2,3回と少なくなります。
  • ・二次的な虫歯になりにくい
  • ・歯の削る治療を最小限に抑えられます。
ドックスベストセメントの注意すべき事柄
  • ・保険がきかないため、自費診療(1本5000円)となります。
  • ・詰めたり、被せたりする治療は、別途(自費費用)がかかります。
  • ・ドックスベストセメント治療が、すべてに有効な治療ではなく、虫歯菌により、神経に達して、痛みがすでにある場合は、適用ではありません。痛みがある場合は、神経をとり、通常通りの根っこの治療が必要となります。
一度、ご相談ください

*

今までの治療方法では、虫歯になったら、治療して、詰め物をする。
また詰め物が虫歯になったら、神経を取り、全体を削って被せものをする。
被せた歯が、割れたら、抜歯する。
抜歯したら、入れ歯、インプラントをする。

こういった流れが一般的でした。しかしこの負の連鎖を止めないと、どんどん歯が失われて行ってしまうのです。歯を失った場合、今最もいい治療は、インプラント治療だと言われていますが、一番いいことは、歯を失わないことだと思います。天然歯に勝るものはないと、、、。歯を持ちさせるためには、一つは予防のメンテナンスをすることでありますが、もう一つが、神経を出来る限り残すことこそ、歯を残すことに繋がると考えています。

ご自身の歯を大切にされたいかた、歯にやさしい治療、そろそろ始めてみませんか?
ページの先頭へ戻る