院長・歯科医師紹介

24時間オンライン初診予約
tel:0574681180
院長、スタッフ紹介

院長、スタッフ紹介

ただこし歯科クリニックHOME > 院長・歯科医師紹介

  • 24時間オンライン初診予約
  • 無料メール相談
  • 初めてお越しになる方へ
  • ただこし歯科が目指している治療方針
  • 院長からのメッセージ
  • 診療案内
  • 当院の10の安心
  • お悩みから探す歯科治療
  • お知らせ
  • 保育士常駐キッズルーム
  • 歯科用CT
  • 歯科医師募集
  • 歯科衛生士募集
  • 駐車場40台完備
  • 伝えたいこと

岐阜県×歯科・歯医者部門
2014年04月時点

岐阜県×歯科・歯医者部門で、口コミランキング1位のご評価をいただきました。
地元の御嵩町、可児市、多治見市、土岐市、八百津町の皆様に、健康な歯・綺麗な歯でいてもらうため、最先端の技術を取り入れた技術を責任をもってご提供致します。御嵩町からだけでなく、可児市、多治見市、土岐市、八百津町から来ていただいても、ゆったりと疲れを感じないようリラックスできるように設計された綺、麗な治療室も自慢です。御嵩町、可児市、多治見市、土岐市、八百津町、美濃加茂市などからの皆様のお越しをお待ちしております。

通院される患者様が多い地域

岐阜県、可児市、多治見市、土岐市、
御嵩町、八百津町、瑞浪、美濃加茂市

  • 院長・歯科医師紹介
  • 衛生士・その他スタッフ紹介

院長紹介

あなたは将来、どんな人生を生きていたいですか?
院長 只腰 哲章
初めまして 院長の只腰哲章です。
最近「今後、どのような人生を過ごしていきたいか?」
人生の曲がり角を過ぎ、このようなことを考えます。
「健康寿命」ってご存知ですか?
健康寿命とは、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間のことです。
平均寿命と健康寿命の差は、男性で9年、女性で13年と言われています。この差は、いわゆる寝たきりなど、介護が必要な期間を表しています。9割の方が人生の最後の約10年間、不健康な状態で過ごすということになります。私自身もそうですが、多くの方がいつまでも健康な生き方をしたいと思っているのではないでしょうか?
只腰 哲章
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン主演の「最高の人生の見つけ方」という映画を観られたことがありますでしょうか?死を意識した初老男性2人の希望に満ちた余生を描いたもので、病室で知り合った2人が意気投合し、“やりたいことリスト”に基づき、残りの人生を生き生きと駆け抜ける、感動ストーリーです。 この映画を観たときも、「今後どのような人生を過ごしていきたいか?」ということを強く考えさせられました。

歯を大切にすることが、将来の健康に繋がります

まずは健康でなければ。すべての幸せは、健康の上に成り立つのではと思います。
では、ずっと健康でいるためには、どのようなことに気をつけるべきでしょうか?

  • バランスのよい食事を摂ること
  • 余分な糖質を撮らないようにすること
  • 適切な運動をし、筋力を維持すること  など、他にもさまざまなことがあります。
歯を大切にすることが、将来の健康に繋がります
では、歯を大切にすることが、どのように健康に繋がるのでしょうか?
歯を失うにつれて、心疾患・糖尿病・骨粗しょう症などにかかりやすくなると言われています。また痴呆にもなりやすくなります。今の日本のままでは、晩年、多くの方が介護を必要とする生活になってしまうということなのです。そのような自分の姿をイメージして納得出来ますでしょうか。きっと多くの方はそんな姿を望まないと思います。
逆に言えば、歯を多く残すことによって、健康寿命を伸ばすことが出来るということなのです。私自身、健康で豊かな人生を送りたいと思っていますし、当院に来てくださっている方にもそうなって欲しいと思っています。
歯を大切に残すために必要なことは予防歯科です
歯を大切に残すために必要なことは予防歯科です

歯を多く残すためには、予防歯科で受診されることが必要です。虫歯は虫歯菌により、歯周病は歯周病菌により進行します。お口の中をきれいな状態のまま維持することができれば、虫歯も歯周病も減ります。矯正治療で歯並びを良くし、噛み合わせを良くすることや、周りの残っている天然の歯に余計な負担を掛けずに咬むことができるインプラントは、ご自身の大切な歯を長持ちさせるための治療方法なのです。

さまざまな歯科治療はすべて、歯を大切に長持ちさせるために行うのです。
日々、私がセミナーなどで技術を磨き、知識を学ぶのは、皆さんの歯を大切に残すためです。私は皆さんに、ご自身の歯の価値を理解していただき、将来喜んでもらうため、もっと大切にしていただきたいと強く願っています。

歯の健康を保つための3つのポイント

学歴

平成3年 可児高校卒業
平成3年 可児高校卒業
平成10年 昭和大学歯学部卒業
平成10年 愛知学院大学附属病院第一補綴入局
平成14年 愛知学院大学附属病院第一補綴退職
平成14年 加古歯科医院勤務
平成18年 ただこし歯科クリニック開院
現在に至る

厚生労働省認定臨床研修指導医

国際口腔インプラント学会 所属

Self introduction

血液型 :O型
誕生日 :5月28日
星座 :ふたご座
動物占い :黒ヒョウ
好きな言葉 :有言実行
好きな作家 :本田健、福島正伸

各種セミナーに積極的に参加し、資格を取得しています。

歯科医師紹介

歯科治療という形で社会奉仕できる環境に感謝

私は兵庫県は姫路で生まれ育ちました。この播州の地は姫路城や忠臣蔵の赤穂浪士等、歴史の所縁がございます。
父は外科医であり、幼い頃より医療人としての父の背中を見て育って参りました。子どもの頃から、生物科学や医学に興味を持っておりました。縁あって岐阜県の歯科大学に入学、卒業し、現在に至るまで十年以上、岐阜に住んでいます。住めば都です。学生時代は、ほぼ知識のつめこみばかりで、卒業後、実際の診療の現場に立ち、思うように手が動かなかったり治療の説明ができなかったりで壁にぶち当たりました。診療後に同僚と練習したり、先輩の指導を仰いだりし、帰宅時間が日付をまたぐことが住々にしてありました。卒業から三年間が一番苦労しましたが、今では良い思い出です。

知識、技術、サービスの向上に終わりはない
歯科医師七年目(平成26年現在)に入ろうとしている中で、歯科医師にしか味わえない喜びも体験しました。患者様に、ズキズキした歯の神経の「痛みをとってくれてありがとう」と言われたり、虫歯や、歯周病で咬む所が無い状態を、被せ物や入れ歯で咬合(咬み合わせ)を再構築し「咬めるようになった」と言ってもらったり、矯正治療で「見た目も咬み合わせも良くなった、ありがとう」と言ってもらえると、医療人として大変嬉しく、やりがいを感じます。歯科治療という形で社会奉仕できる環境に感謝しています。知識、技術、サービスの向上に終わりはありませんので、日々自己を研鑽し、診療を頑張っていきますので、よろしくお願い致します。
歯科医師 河野 通博
  • 血液型

    B型

  • 誕生日

    8月22日

  • 星座

    しし座

  • 動物占い

    子羊

経歴

  • ・CEセミナーベーシックコース(歯周治療、歯内療法、外傷6日間)/Dr.月星,Dr.福西(愛知・蟹江)
  • ・エンドセミナー GPの歯内療法~その質を高めるために~/Dr.阿部(名古屋)
  • ・見える削れるスキルアップセミナー(無痛麻酔、ミラーテクニック)2daysコース/Dr.先生(大阪)
  • ・実践歯周治療実習セミナー2日間コース/Dr.児玉,Dr.三辺(大阪)
  • ・エンドセミナー~世界基準の歯内療法~/Dr.尾上(名古屋)
  • ・アソアライナー(マウスピース矯正)セミナー/Dr.大多良(富山)
  • ・CRCA歯周外科 実習コース/Dr.岡本(東京)
  • ・Dr.松本講演 ~臨床のお宝箱~/(神戸)
  • ・低侵襲な歯周外科実習コース~ピエゾサージェリー/Dr.松本(大阪)
  • ・スタンダード滅菌セミナー/Dr.三浦(岐阜)
  • ・名古屋咬合臨床研究会オープン例会/Dr.岩田(名古屋)
  • ・CO2レーザー臨床セミナー/Dr.岡田(岐阜)
  • ・ASTRA O.S.I.インプラントベーシックコース(4日間)/Dr.原(愛知・長久手)
  • ・Zimmer テーパードスクリューベントインプラント スタートアップコース/Dr.川添(名古屋)
  • ・HAKUSUI インプラントの基礎を学ぶベーシックコース/Dr.仲西,Dr.鈴木,Dr.吉永(大阪)
  • ・ヤン リンデ名誉教授講演会~歯周病を極める!~/(東京)
  • ・straumnn ベーシックインプラントロジー2daysコース/Dr.横山(広島)
  • ・定期管理型歯科医院システムセミナー/Dr.牧野(名古屋)
  • ・T4Kトレーナー(マウスピース矯正)セミナー/河田教授(東京)
  • ・定期管理型歯科医院システムセミナー5日間コース/Dr.牧野(東京・八王子)

院長 から 歯科医師 河野さんへ

message

歯科医師

いつも笑顔でマイペースで癒し系の彼ですが、誠実で素直で前向きで努力家で、とても頼りになる存在です。
治療においても、しっかり時間をかけて丁寧に治療する姿にはとても感心させられます。
当院に来るまでは、有名な矯正専門医の元で勉強してきており、歯並びにもとても詳しい知識、技術を持っています。矯正医でもあるため子供から大人まで、歯並びが気になる方は気軽にご相談下さい。

プロフェッショナルケアで健康な口腔内を目指しましょう

はじめまして、ただこし歯科クリニックの三輪田と申します。
私は大学卒業後、愛知の大学病院の補綴科といわれる、入れ歯や被せ物を専門とする科に3年間在籍し勉強したのちに、このただこし歯科クリニックに勤務することとなり現在に至ります。ですので入れ歯や被せ物に関する治療は得意としているつもりです。
当院に勤務してからは、年間コースのセミナーの受講、スタディグループに所属するなどし、日々研鑽を積んでいる次第です。

お口の中をキレイな状態で保つことの大切さ
そんな私が日々の診療でとても強く感じていることがあります。それは、お口の中をキレイな状態で保つことの大切さです。
口腔内が汚れた状態のままで虫歯の処置を行ったとしても、1〜2年たつ頃には新たな虫歯が必ずと言っていいほど出来てしまっています。そうなるといたちごっこになってしまい、どんどん歯を削っていくことを繰り返していく事になってしまうため、キリがありません。このことはつめ物や被せ物はもちろん、部分入れ歯においても金具がかかる歯が関わることを考えると、ほぼ全ての処置においてやり直しのリスクにつながると言えます。そもそも虫歯を削り除去するのは、虫歯がこれ以上大きくならないように進行を止めるためのものであり、虫歯を取り除いても、その歯が以前より虫歯になりにくくなる訳では決してありません。歯が虫歯になるような環境に曝され続けている限り、虫歯を取り除いたとしても、再び同じ事が起こるのはある意味当然とも言えるのです。
このような悪循環から抜け出すためには、患者様自身の歯磨きによるセルフケアと専門の技術者によるプロフェッショナルケアの徹底がまずは必要です。正しいブラッシングを覚えてもらうことでその人のお口の中は激変します。それでもブラシの届かない所はどうしても生じてきますので、そこを歯科医院に来て頂いてケアしていくことが、悪循環から抜け出す第一歩になるのです。
もしお口の中でこれまでお話したような悪循環が起こっていると感じてお困りの方は、全力でサポートさせて頂きたいと思います。一緒に健康な口腔内を目指しましょう。
歯科医師 三輪田 衛
  • 血液型

    A型

  • 誕生日

    10月28日

  • 星座

    さそり座

  • 動物占い

    ひつじ

院長 から 歯科医師 三輪田さんへ

message

歯科医師

真面目で患者様にとても丁寧に時間をかけて説明や対応をする姿にはいつも感心させられます。 また、毎月東京・大阪の学術、技術系のセミナーにて研鑽を積んでおり、将来がとても期待できます。
当院に来る前には愛知学院の大学病院にて腕を振るい、数多くの諸例を、いろんな最新の技法を用いたり、一般開業医ではしないような専門技法を用いた治療をしてきたりしていたため、いろんなケースに合わせた治療技術を持っています。その中で特に被せ物、入れ歯を得意としています。

患者さんを、自分の知識と技術で幸せにするお手伝い

はじめまして、ただこし歯科クリニックの三島倫太郎と申します。
私が口腔外科へ進んだ理由は、高齢な方が多くなれば、当然有病率も高くなるため、基礎疾患、全身管理を学びたいという考えからでした。超高齢社会になって久しいこの国では、当然高齢な患者様も増えてくると予想されたからです。高血圧症、高脂血症、糖尿病…。馴染みのある病名であり、中には罹患していらっしゃる方もいるかと思います。
しかし、多くの方が罹患しているこれらの病気も、歯科治療の上では慎重に状態を見極めて取り組まなければなりません。患者様の口の中だけ状態が改善すればいいのではなく、歯科治療によって全身状態が悪化するなどということがあってはならないからです。

患者さんを想い、親身になって対応するクリニック
患者様の治療といったことを行っておりました。そこでの経験は非常に有益ではありましたが、地域社会と密接し、一人ひとりの患者様と親密になって寄り添うような治療をするということはなく、他の医院から治療の依頼があってそれをこなすだけという、ある意味事務的な治療が続いていたと今になって感じております。
依頼を機械的に遂行する、そのこと自体を否定するつもりはありません。しかし、そこに勤務していた人間が、他の歯科医院にて同様のスタンスを取ることは大いに問題であると考えます。
さて、私が卒業した東京歯科大学にはこんな言葉があります。「歯科医師たる前に人間たれ」。大学の創始者、血脇守之助先生の言葉です。治療を行うとき、得てして私達は歯科医師と患者、という枠組みに入りやすいのです。
もちろん、両者の間には知識と技術の差がありますし、実際に治療を行うのは歯科医師なので、間違いではないことではあります。しかし、その枠組にとらわれ過ぎるがあまり、一方的な治療、知識の押し付けになりがちなことが問題なのです。
血脇先生はその危険性を問題視され、120年以上前から警鐘を鳴らされておりました。今こそそのことに真摯に向き合い、自己を見つめなおす必要があると感じております。
このただこし歯科クリニックには、患者様のことを想い、親身になって対応するスタッフばかりです。大学病院という、ある意味最も最先端な環境にいた時では見えなかったものを、このクリニックで再認することができました。あなたを、自分の知識と技術で幸せにする手助けをする。それを信念に、今日も治療・研鑽を行っております。
歯科医師 三島 倫太郎
  • 血液型

    O型

  • 誕生日

    5月17日

  • 星座

    牡牛座

  • 動物占い

    うし

院長 から 歯科医師 三島さんへ

message

歯科医師

まじめで努力家の彼は、患者さんに対していつも真剣です。きちんとした治療をすることを常に心がけ、毎月のセミナーや学会での研鑽を欠かせません。
当院に来る前は、東京の総合病院の口腔外科にて、外科処置から、訪問診療も行ってきました。接触嚥下の患者さんには、内視鏡なども使いこなし、適切な処置を行うことも出来るエキスパートです。もし訪問診療を希望の家族がみえたら、遠慮なく言ってくださればと思います。

常にベストな診療を全ての患者様にご提供したい

はじめまして、歯科医師の畑佐恭子です。
私が歯科医師を志したきっかけは母でした。小さい頃から口腔ケアに関してとても厳しく「歯は大切よ」と何度も聞かされて育ちました。今思うと、ブラッシングだけに限らず、食事の内容にも気を配るほど徹底していました。そんな訳で自然に歯の健康に対する意識が高まり興味を持つようになっていきました。そしてはじめは、漠然と健康に関わる医療人を目指す気持ちでいましたが、進路選択の時、歯科医師こそが私の理想の、私の目標とする職業だと確信したのです。

お口の健康は全身の健康にも関与します
子供時代に何度も聞かされた歯の大切さを伝え守る仕事に、今はやりがいと喜びを感じる毎日です。近年、様々な場面で口腔と全身との関連性がフォーカスされています。お口の健康は、ただお口だけにとどまらず、実は全身の健康にも大きく関与していることが多くの分野で証明されるようになりました。
口腔環境が全身疾患のリスクを高めたり、増悪因子になるだけではなく、原因になってしまうことさえあるのです。
また、食べるという行為はとても重要ですが、もしお口にトラブルがあるとお食事することも困難になってしまいます。さらにお食事は、生命や健康の維持に欠かせない基本であるとともに、楽しみの1つであり、大切なコミュニケーションツールです。家族や仲間との楽しい会食や、ビジネスにおける重要な場面でおいしくお食事をいただける事。実はそれはお口の健康があってこそなのです。この様に、お口の健康は全ての基本なのだと、歯科医師になった今、その大切さを再確認しています。子供の頃の母の指導に感謝するとともに、それを多くの方々にお伝えしていくことができたらとの思いを胸に、日々の診療にあたらせていただいております。
また、近年はホワイトニングや矯正治療、そしてセラミック等を用いて白く治す審美歯科の領域が広く知られるようになりました。今私はこの分野に大変興味があり、勉強しているところです。白くて健康な歯は私達に笑顔や元気、そして喜びや幸せを運んでくれるようになります。さらには、メタルフリーにより健康への貢献も可能になりました。この様に日進月歩の歯科医療は、これからも益々進歩していくことと思います。
常にベストな診療を全ての患者様にご提供させていただくことをモットーに励んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
歯科医師 畑佐 恭子
  • 血液型

    O型

  • 誕生日

    7月28日

  • 星座

    しし座

  • 動物占い

    リス

院長 から 歯科医師 畑佐さんへ

message

歯科医師

いつも笑顔で、誰にでも丁寧に優しく話しかけている姿は、その人の内面を表しているように思えます。その優しい語り口調に癒されている方も多いのではないでしょうか?
今まで治療になると泣いていた子供でも、畑佐先生の優しい笑顔の前では、安心して治療を受けてくれるようになった子供もたくさんいます。 優しく、しっかりとした説明、丁寧で確実なその技術、僕もとても信頼でき、安心できます。

こんにちは、矯正歯科を担当している戸苅です。
正しい咬み合わせと美しい歯ならび、そして素敵な笑顔は人生により多くの幸福をもたらしてくれます。
矯正歯科は、皆様に少しでも幸せになっていただく為のお手伝いをする歯科治療です。

実は、私も子どもの頃に矯正治療をしていました。当時は矯正治療の事を、変だし、面倒くさくて、大変で、痛くて、本当にイヤな事ばかりだと思っていました。

私の父親は矯正歯科医でしたので、息子の歯並びが悪い事を気にしていたのだとおもいます。それで矯正治療をしていたのですが、かなり非協力的な患者でしたから、父親も治療途中であきらめてしまいました。その後、しばらくは平和な日々だったのですが、高校生になった頃、再び父から「もう一度、矯正するよ」といわれて、しぶしぶ2回目の矯正をはじめました。
高校卒業後、父親が歯科医師だったので、なんとなく歯学部に入学して歯科医師になりました。成りゆきで歯学部に入ったわけですから、とくに目的意識もなく学生時代を過ごしていました。卒業後は、在学中いちばん勉強が楽しかった歯科矯正学講座に入り、矯正歯科を専門に学ぶようになりました。そこで、たくさんの患者さんと出会い、矯正治療後の笑顔がほんとうに素敵で、矯正治療はすばらしい力を持っているのだなと感じました。
Orthodontics Refine your Smile.
あなたが自信をもって笑える、そんな豊かな人生になってほしい。矯正治療をして、本当に良かったと思ってもらえるようになりたい。そう願っています。
歯科医師 戸刈 健
  • 血液型

    O型

  • 誕生日

    12月15日

  • 星座

    いて座

院長 から 日本矯正歯科学会認定医 戸苅さんへ

message

歯科医師

僕が最初お会いした時に誠実で優しそうな方だなと印象を受けました。今は少し変わり、それだけでなく医療に対して患者様に対して非常に情熱を持っており、いい医療を求め、定期的に学会で発表したりし、研鑽を積み、治療の質に非常にこだわりを持っています。また笑顔を交えながら、適切でわかりやすい説明をされるため、大変頼もしく思っています。
スタッフから見ても、非常に技術が高く早いペースで、綺麗に並んでいく様子を見ていて、さすがと思わせてくれるそうです。そのため僕もスタッフ達も、安心して任せられるのです。僕自身が求める全顎的な、質の高い医療のためには、高いレベルの矯正技術が必要で、当院でも戸苅先生の存在が必要不可欠となっています。

矯正治療とは?
矯正治療のメリット
  • 人目を気にして自分の感情を出せなくなることがなくなり、
    精神的に解放される。
  • きちんとした発音で声を発することができる。
  • 顎と咬み合わせのバランスを調整することで、
    姿勢や体の機能を改善できる。
  • 歯をみがきやすくなり、歯の寿命をのばす予防する効果がある。
  • 小児矯正には、顎、顔のよい成長発育をうながす効果がある。
  • 食べものをしっかりとかみ砕くことで消化をよくし、
    胃腸のはたらきをたすける。

矯正治療を必要とする歯の症状はさまざまで、八重歯受け口出っ歯下顎前突歯の数の不一致、などがあり、患者さんの歯、顎の状態によって、治療期間、費用に個人差があります。患者様の口の状態をしっかりと把握し、お互いの信頼関係を築きながら治療が進められるとよいとおもいます。

歯や咬み合わせの役割
  • 咀 嚼(そしゃく)
    口の中で食べ物をよくかみ砕き、味わう事

    歯のもっとも大事な仕事は、咀嚼することです。食べ物を飲み込んだあとに、胃や腸がスムースに消化をおこなうためにとても重要です。

  • 嚥 下(えんげ)
    口の中の物を飲み下す事

    ほとんどの人は飲み込む時に、上下の歯を軽く咬み合わせ、下顎の位置を安定させます(正常な嚥下)。もちろん、咬み合わせなくても飲み込む事は可能ですが、口の周りの筋肉にムリな負担がかかります。

  • 味わい

    のびたラーメンをおいしいと感じる人は少ないと思います。食べ物のおいしさは舌だけでなく、「歯応え」や「歯ざわり」などの歯でも感じます。

  • 異物の分別

    食事中に石や砂をかむと反射的にかむのをやめます。人は,歯でかんだ時の感覚で食べられる物とそうでない物を判断する事ができます。

  • 発 音

    歯並びは、発音にも関係しています。受け口、出っ歯、開咬の人の会話が聞き取りにくいのはこのためです。

  • 食いしばり

    スポーツ選手が試合中に歯を食いしばっている事は、よく知られています。肉体的、精神的に大きな負荷がかかった時、人は歯を食い縛ることでそれに耐えようとします。

  • 武 器

    肉食動物をはじめ多くの動物が、歯を武器にしています。人もそうです。映画等で、子供が連れ去られそうになった時、手をかんで逃げだすというのはよくあるストーリーです。

  • 道 具

    糸を切ったり、ひもをほどいたり、歯は道具としても十分使えます。

  • 審美観(しんびかん)

    鏡の前で、歯が見える様に、思いっきり笑顔になってくさい。清潔で美しい歯ならびは、歯の見える素敵な笑顔をつくりだします。人と対面して話をするとき、相手の目だけでなく口元もよく見ているとおもいます。

  • 愛情表現

    愛情の表現として、軽く咬んでみたいという感覚があります。飼い犬や猫などの動物も、飼い主に対して軽く咬むという行動をします。

  • 脳刺激

    よく咬む子は、脳の発育に良い刺激が加わると言われています。チューインガムを噛んで居眠り運転防止とか、咬む事によって脳の老化(ボケ)を防ぐ効果は認められています。

  • この様に、口や歯ほど人に多くの満足感をあたえる器官は他にはありません。口や歯の異常は、この幸福感を人から奪ってしまいます。もちろん、歯並びや咬み合わせの異常も例外ではありません。
抜歯、非抜歯について
矯正治療でよく話題になるのが、歯を抜くのか、それとも抜かないのか、といったことです。ほとんどの人が歯を抜きたくないとおもいます。そのため、どうしてもこの話題が治療よりも先行してしまいがちです。しかし、いちばん大事なのは矯正治療の目的です。なぜ、矯正治療をするのかを見失ってしまうと、不満がのこる治療結果になってしまうこともあります。抜歯、非抜歯の先に、治療のゴールをどこに設定するのかを決めることが大事になります。
それを決めるにあたり、検査をし、現状把握をした上で、どのようにすれば最もよい歯列と咬合がえられ、患者様の希望が叶えられるのかをよく考えて、治療の方針、方法が決まります。その治療方法の一つの選択肢として 、抜歯、非抜歯があります。健康な歯を抜くことはできるだけ避けるべきですが、抜歯、非抜歯でまったくちがう治療方法が存在しているわけではなく、状況判断の上の選択の一つでしかありません。
矯正歯科についてもっと詳しくみる
  • 院長・歯科医師紹介
  • 衛生士・その他スタッフ紹介
ページトップ