知らないって怖い?

こんにちわ!技工士の井口です。

皆さん生命保険って、加入していますか?

最近保険の話を聞く機会があり、今加入している保険を見直してみました。

そしたら、知らないことがたくさん、知らずにこのお金はらっているんだ、、

という事態に!

実際加入したのが20歳くらいの時だったので

あまりよく理解しずに入っていた私。反省しました。

とはいってもあまり興味もないし、保険ってよくわからないし、

最初ってこんなものかなと。

この機会に、知らないって怖い!という気持ちが改めて芽生えました。

なんで保険の話をしたかというと、

歯も知らないと怖いことがたくさんあるからです。

実際、歯医者は「怖い」「痛い」「嫌い」という方が多いです。

そんな歯医者ですが、知っておくと生きていくうえで必要な事がいっぱいあるのです。

例えば、「歯周病で心筋梗塞や脳梗塞がおきる」という話をきいたことはありますか?

知らない人は「まさか?」と思うかもしれません。

最近では、歯周病菌がある種のガンの原因になっているのではないかという研究もされています。

また、がんになって抗がん剤治療を受けるときも歯周病の有無が大きく影響しています。抗がん剤を使用する前に歯科治療を始めることも珍しくありません。

そして実体験ですが、最近人間ドックを受ける機会があり、問診票に歯についての質問がありました。

「1日に磨く回数は何回ですか?」

「フロス(糸ようじ)を使用しますか?」など。

普通に病院にいくのに歯のことを聞くんだ!と最初は単純に思ったんですが

こういう質問からも病気などを分析していくんだ!と。

今や、医科も歯科も協力体制でいろいろ進めていかなくてはいけないんだなーと思いました。

歯と命。

関係ないと思っている方、この機会に考えをかえてみませんか?

歯に対する重要性、必要性あがれば長生きすると思います。

歯がなくなれば、物が噛めなくなり日に日に衰えてしまうのです。

元気な高齢者は歯が多く残っていると思います。

歯を守ることをこれからは考えていってほしいです。

私たちと一緒に、デンタルIQを上げましょう(^^)

なんでもお気軽にご相談ください☆