なぜ歯周病になるのか?

こんばんはぁ。
御嵩町ただこし歯科クリニックのブログをご覧頂き
ありがとうございます。
今回は、歯周病についてお話します!
なぜ歯周病になるのでしょう?
「歯周病」は、歯ぐきに起こる化膿性の炎症です。
成人の歯周病の多くは、30歳くらいに自覚症状もな
く発症し、適切な処置を行わないと加齢とともにゆ
っくりと進行していきます。
やがて、歯ぐきが腫れる、歯ぐきが黒ずむ、出血、
口臭などの症状が出ます。
放っておくと、歯が支えている骨がやせてグラグラに
なり、最後には歯が抜けてしまいます。
日本の場合、歯を失う原因の半数がこの歯周病です。
歯周病は、虫歯と同じように口の中の細菌によって
引き起こされる感染症です。
その原因は、歯の汚れ「プラーク」です。
これをずっとつけたままにしておくと、どんどん悪化
していきます。
ほかに、歯並びや噛み合わせが悪い場合や過度の歯ぎ
しり、なども歯周病の原因になると考えられています。
歯周病は、症状が進行してしまう前に正しい方法で予
防・治療することが大切になってきますので、定期的
な検診をしましょう!!

☆岩井☆