はぎしりによる破壊行為

皆さんご自身で、
はぎしりしているなーと感じたことはありますか?

はぎしりが引き起こす破壊行為が起きています。
虫歯ではないのに、「しみる」なんてことないですか?
原因の一つに、はぎしりがあります。
はぎしりにより、エナメル質と象牙質の間に強い力が加わり根元が破壊され神経とちかくなることで
しみやすくなります。
こうなってしまうと、しみ止めのお薬とかでは対応できなくなってきます。
白いプラスチックをつめていかないと収まらないことが多いです。

二つ目に、歯がすり減ってしまうという症状。
はぎしりにより噛む面の歯がけずれてゆき
これもまた知覚過敏の様な症状を引き起こすことがあります。

その他にもはぎしりで歯が揺さぶられ歯を支えている骨が溶けていき歯周病になったり
詰め物がとれたりかけたり、ご自身の歯がかけたりといろんな症状が出てきます。

はぎしりは、ストレスからきたりと
原因がはっきりとわかっていないため、完全になくすことは難しいです。
ですから、対処法としてマウスピースを使用します。
マウスピースを使う事によってクッションになりこれらの破壊行為が軽減されます。
夜寝ているとき、誰かに歯ぎしりを指摘されたことがある方は強くおすすめします。
歯ぎしりで歯がなくなってしまうまえに、
対処できることはやっておきたいものですね。
型どりをするだけで出来上がってくるので
お気軽にご相談くださいね。 井口