歯ぎしりくいしばり

歯ぎしりやくいしばりをされている方は多いのではないでしょうか??
夜寝ている時にはものすごい力が入るため、かなり歯や歯を支えている骨、顎などに負担がかかっているのです!!
みなさんは歯を失う原因は虫歯や歯周病だけであると思ってはいませんか?
実は噛む力が歯を駄目にしてしまう大きな原因でもあるのです(°_°)!!
歯を支えている骨を溶かしてしまったり、根っこが割れてしまったり、歯にヒビが入ったり、かけてしまったり、、、
残念ながら歯ぎしりやくいしばりを自分で止めることはできないです。
しかし、マウスピースをはめることでそのちからを軽減させることはできるのです!

マウスピースをはめることによる効果はいくつかあります。

歯の擦り減りを軽減できます

歯ぎしりの「ギリギリ…」という音は、歯と歯がすれる音です。その際に、歯が削れてしまい、歯に与えるダメージが大きくなります。マウスピースを使用することにより、上の歯と下の歯が直接すれ合うことを防止し、歯のすり減りを防止し、歯ぎしりの音の軽減にもつながります。

顎の痛みの軽減・顎関節症の予防
歯ぎしりによって、歯や歯茎・顎にかかる負担は思っている以上に大きいです。マウスピースのゴムが、歯にかかる負荷を吸収してくれるので、歯や顎にかかる負担を軽減することができ、顎の痛みの軽減と顎関節症の予防につながります。

筋肉の緊張をやわらげる
歯ぎしりが行われているときは、口元や顎の筋肉が緊張し、硬くなっています。マウスピースを使用することで、かみ合わせの位置が高くなり、歯に力が入らなくなるので筋肉の緊張を和らげることが出来ます。

医院では型どりを行い患者さんのお口にぴったりと合うマウスピースを作ることができます。歯ぎしりくいしばりをされている方は一度ご相談ください(*^o^*)

歯科衛生士 星原