歯の生え変わり☆

こんにちは☆もうすぐ5月ですね♪♪暖かくなってきて過ごしやすくなってきました(^^)みなさん連休はどこか行かれますか?
新年度が始まって新しい生活に慣れてきた頃の方も多いと思います。
今日は歯の生え変わりについて少しお話をしようと思います。
乳歯は通常20本あり、永久歯は親知らずを数えず28本あります。
順番や時期は個人差はありますが6歳前後から12歳くらいまでに乳歯から永久歯に生え変わります。
生え変わりの仕組みは乳歯の下に永久歯が成長していきます。それに伴い乳歯の根が吸収され、乳歯がぐらつき抜けます。そのあと、下にある永久歯が生えてくる。というのが、生え変わりの流れです。
しかし、上手く乳歯の根が吸収されず永久歯が成長し、乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきてしまうケースもあります。また乳歯が抜けても永久歯が生えるスペースが無くて変な所から生えてくるケースもあります。
これを放っておくと、噛み合わせや歯並びに影響します。噛み合わせや歯並びが悪くなると虫歯が出来やすくなったり、将来歯周病が進みやすくなったり、歯磨きがしにくかったり、色々なことがおこります。乳歯がまだ残っている場合、ケースバイケースですが、こういう時は早めに乳歯を抜いてあげて永久歯の生えるスペースを確保してあげる事が大切です。
乳歯がぐらぐらしているのになかなか抜けなかったり、乳歯がまだ生えているのに横や、後ろから永久歯が生えてきたりしたら早めの受診をオススメします(^^)
もし、何か気になる事があればご相談ください(^^)

山下