六歳臼歯の重要性

みなさんこんにちは!

もうすぐ6月ですね!昼間はずいぶん暑くなりましたね。

 

今日は、6歳頃に生えてくる大人の歯についてお話しします!

 

第一大臼歯は、真ん中から数えて

六番目の上下左右に4本ある大きな歯です。

 

この歯は、6歳頃に生える最初の永久歯、六歳臼歯ともよばれています。

 

六歳臼歯は噛む力が一番強く、歯並びの基本となる歯なので、

「歯の王様」ともいわれています。

 

けれども、この歯は20本ある乳歯の奥に生えてくるため、

萌出に気付かないことが多く、また、萌出途中は背が低いので、

歯ブラシが届きにくく、噛み合わせ部分にある溝が虫歯に

なりやすくなります。

 

☆六歳臼歯の虫歯予防のポイント

・歯ぐきから六歳臼歯がポツンと頭を出した時点で、

子どもさんに大事な歯であることを鏡で見せながら教える。

下顎から先に萌出します。

 

・夜、大人が仕上げ磨きをしましょう。

歯ブラシは赤ちゃん用か仕上げ磨き用など、小さいもので。

 

・萌出して3年間くらいは歯質が弱く虫歯になりやすいので、

甘いお菓子や清涼飲料水には気を付けましょう。

 

6歳臼歯が4本とも生えそろうまでには2~3年かかるので、

年に数回の定期健診が必要です。

 

当院でも定期健診が受けられますので、

いつでもご連絡くださいね(*’ω’*)

 

前田