歯周病と糖尿病について

こんにちは! 暑い日が続きますが、

お体の調子はいかがですか?

今日は歯周病と糖尿病の関係について

お話ししたいと思います☆

 

糖尿病の人は歯周病にかかりやすいことが分かっています。

 

逆に糖尿病の人が重症の歯周病にかかっている場合に、

糖尿病の検査値がなかなか下がらない傾向にあります。

糖尿病によって弱っている体は、

歯周病菌に抵抗する力も 弱くなっています。

ですから、歯周病にかかりやすく、治りにくく、

重症になりやすくなります。

 

 

しかも治療が終わった後も再発しやすいので油断できません。

 

血糖値の高い状態がずっと続くと、

からだの中のタンパク質が糖とくっつきます。

それを白血球が敵と間違えて攻撃するので、その結果、

歯周病も含め、全身に炎症が起きやすくなります。

歯周病の歯周治療を行うことで、

インスリン抵抗性が改善することなどが報告されており、

糖尿病の血清コントロールに歯周治療が重要であることが、認識されてきています。

歯周病などを訴えて来院されている患者さんの中には、

糖尿病の治療を受けていない人や、 糖尿病であることに

気がついていらっしゃらない人も多いのです。

 

歯周病は歯だけの問題だと思わずに、 対処法や予防法について

しっかり把握しておきましょう!(^^)!

前田