夏休みには。

こんにちは

歯科衛生士の佐合です

夏本番で暑い日が続いていますね
夏休みや、お盆休みがこれからの方も多くいるとおもいます
お休みの日でが続くと、なんだかだらけてしまう・・・なんて方もいますよね
私もそんな日があります( ..)
ですが、
だらだらしてしまって不規則な生活や食生活が続くと虫歯にもなりやすいことご存知ですか?
特に食生活の乱れや、食べ物飲み物の種類によっては歯を溶かす原因になるので注意が必要です!
虫歯で連想する食べ物は、お砂糖やチョコ、ジュースなどの甘いものですよね
実はほかにも注意すべきものがあるんです!
それは「酸性度が高い物」たとえば、レモンやお酢などの酸っぱい物、またコーラなどの炭酸飲料・お酒・栄養ドリンク・ヤクルト・スポーツドリンクなどです
暑いので、こういった飲み物を口にする頻度も増えやすいですね~
これらの酸性の食品は歯の表面を溶かしてしまうので、歯の質が弱くなり虫歯になりやすくなってしまうのです
休みが続いて食生活が乱れてしまったせいで
大事な歯を虫歯にしてしまってはもったいないですね
【ポイント】
①食事の間隔をしっかりあける(朝昼晩)
②ダラダラと間食をしない…時間をきめましょう
③寝る前の飲食を控える
④甘いものをとりすぎない
⑤酸性度の高い食品、飲み物を控える
⑥代用甘味料(キシリトール)を摂取する
糖分や酸性の食品をとること全て悪いわけではないですが、
ポイントを守って摂るようにして虫歯にならないようにしましょう