噛み合わせと全身の健康

噛み合わせは少しのずれ(100分の一ミリ)
でも、ものが噛めない・しゃべりにくいだけでなく

全身に影響がでてきます!

肩こり、胃もたれ、動悸…などの不快症状の原因は

噛み合わせの悪さかもしれません。
こんな人は注意が必要です!(;-;)

・一本抜けたままの歯がある
・歯並び、噛み合わせが悪い(出っ歯、八重歯など)
・治療していない虫歯がある
・入れ歯、被せ物がある
・グラグラする歯がある
・冷たいものがしみる歯がある
・親知らずが不正な方向に生えている

歯は一本抜けただけでも、失った部分を他の歯が補おうとして、

歯が動いたり、伸びたりして歯並びが悪くなります(T-T)
もし、上に書いてあることが自分のお口の中で起こっているなら、

できるだけ早く虫歯・歯周病治療や矯正を受けることをオススメします(^∇^)

きちんと噛めることで…
・肥満防止
・生活習慣病の予防
・発ガン物質の毒性が減少
・味覚の発達
・脳が活発になる
・老化防止
・集中力が持続する
・消化を助ける
たくさん体にいいことが起きるんです☆

また、今、体やお口の中に異常がなくても、

虫歯や歯周病が知らない内に進行して

気づいたら歯を抜かないといけなくなったり、

うまく噛めなくなったり…
将来そうならないためにも今のうちから
定期検診に通って歯石取りやバイオフィルムを除去して

歯周病・虫歯予防をしていきましょう!!

臼田