トラブルをまねく親知らず

こんにちわ!技工士の井口です。

今回は親知らずについてです!

 

「親知らず」は子が親の手から離れたころに生えてくることから、その名前が付いたともいわれます。この言われに表れているように、他の歯が生えそろった後に出てくるのが特徴です。

親知らずは、正式には第三大臼歯(智歯)といいます。

この歯のトラブルで来院する患者さんで最も多いのは、口腔清掃が行き届かず虫歯になった人です。萌出(歯が歯肉から口腔内に現れること)前に痛みを訴える人や、周囲の歯肉が腫れる人もいます。痛みを訴える声も「ズキズキする」「体が温まると痛くなる」などさまざまです。

親知らずは、でてくるのがほかの歯より遅いので、もともと生える場所が十分ではありません。このため、親知らずとして出てくる歯は小さく、根が曲がっていたり、横を向いて前の歯を押したりしています。

また現代人は、顎が小さい人が多いといわれます。これは例えるなら、7人掛けのイスに8人が座っているような状態です。歯列から押し出されてしまう歯が生じ、歯並びが悪くなることがあります。前の歯に当たって萌出できないこともあり、放置すると前の歯の根が押され、溶けてしまうこともあります。

親知らずは、奥に顔を出すうえ、不規則な生え方をすることもあって、普通の歯ブラシが入りにくく、磨ききれない場合もあります。

この結果、歯や歯ぐきに汚れが残り、細菌がたまって虫歯になりやすくなります。

特に季節の変わり目や、体に疲れがたまったときは注意が必要です。

全身の抵抗力が落ちて細菌の活動が活発になり、痛みや腫れの症状が出やすくなります。重症になるとい痛みで眠れなかったり、食事が満足にできなくなる人もいます。

さらに、もし膿がたまって血管に入りこむと血液を介して全身を巡る危険性もありますし、内側に腫れれば気道が挟まり呼吸困難を引き起こす恐れもあります。口腔だけではなく、全身の問題に発展しかねません。

虫歯になった親知らずや、炎症を起こした周囲の組織を治療しようとしても、場所が奥まっているので器具が入りにくく、治療の精度を高くできないことがあります。

このため、治してもトラブルを繰り返すことがあります。日常生活に支障をきたす痛みや腫れがあるときや歯列を崩す原因となっている場合などは抜歯を勧めることが多くなります。

一方、あごの大きさが十分にあり、歯列に沿ってキレイに生え、上下のかみ合わせもうまくいくようなら、親知らずにも噛む機能が期待できます。そのまま残して使うこともできますが、異常を感じたら早めに受診してください。

歯や歯肉を守るため、定期的なチェックは不可欠です。