寒いと歯が痛くなる?

こんにちは、受付の曽我です。

寒い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

寒いと歯が痛くなりやすくなる原因について書きたいと思います。

冬の歯の痛みの原因として一番多いのが、歯の食いしばりによっておきる筋肉痛です。
歯を食いしばるという行為は、無意識のうちに行なってしまうことが多いそうです。
特に寒さに耐えるときや、何かに集中しているときなどに奥歯に力が入ります。

つまり冬の寒い寝室で寝ているとき、無意識に歯を食いしばり寒さに耐えながら眠っているため、
あご付近の筋肉が常に緊張状態にあり、そのため朝起きると歯が痛むように感じます。

解決策としては、まず1日に数回あごを前後左右に揺する体操をしてみましょう。
これは筋肉をリラックスさせる効果があるため、痛みの緩和に繋がります。

改善されないようであれば、歯科で食いしばりや歯ぎしり防止のマウスピースを作成するという手段もあります。
酷い痛みに悩まされている人は一度医師に相談することをおすすめします。