歯を抜いたあとは…

こんばんはぁ。御嵩町ただこし歯科クリニックの

ブログをご覧いただきありがとうございます。

虫歯で歯を抜かないといけなくなってしまったり、

歯周病で歯が抜けてしまったりすることがあると

思います。

歯がなくなってしまったときそこの部分はそのまま

で大丈夫なのか??

患者さんの中には「一本くらいなくても構わないだ

ろう」と思う人がいるかもしれませんが、これは残

ってる他の歯にとってすごく負担がかかってしまう

ことなんです!

例えば、下の奥歯が最初に抜けた場合、あまり目立

たず、噛む時は反対側を使えば食べるのに不便もあ

まり感じなく、発声にもほとんど影響がありません。

そのために放置しやすいのですが、抜けた歯をそのま

まにしておくと、時間がたつにつれて、歯並びが変わ

ってくる可能性が高いです。

歯には周囲にできたスペースを埋めようとする性質が

あります。なので、第抜いた歯の後ろの歯が倒れて斜

めになってきてしまいます。

そして、噛み合う反対側の歯が伸びてきてしまいます。

1本抜けただけで隣接する歯の生え方が変わり、その

変化を受けて、他の歯も動く。その結果、歯と歯の間

に隙間ができたり、歯並びがデコボコになったりして

かみ合わせのバランスが崩れたり、プラークがたまり

やすくなってしまうのです。

なので歯が抜けたら、歯並びが悪くならないうちに

人工の歯を入れて補うことが必要になってきます。

補う方法はいろいろありますので、抜けてそのまま

になってる方は1度歯科医院へ行って相談すること

をおすすめします。

☆岩井☆