歯が溶ける?!

みなさん、こんばんは!!

もう今日で今年も終わりですね(╥﹏╥)

ホントに1年あっという間すぎて…ビックリです。

 

さて、今回は(酸蝕歯)についてお話していきます!

 

酸蝕歯とは、酸性の飲食物を慢性的に摂取することで

唾液による修復が間に合わず歯の表面が溶けてしまう

歯の病気です。

症状としては、冷たいものがしみる/

虫歯のような痛みが出てくる/象牙質が露出し歯が

黄ばんでくるといったことがあります。

 

こんな方は注意しましょう!

①健康のためにと思い、毎日黒酢飲料を飲むようになった。

②ビタミンCたっぷり。グレープフルーツやオレンジ

レモンなど、1日に1個~2個は食べるようにしている。

③水や麦茶よりスポーツドリンク、炭酸飲料を飲んでいる

④野菜サラダにはいつもドレッシングをたっぷりかける。

 

 

ならないために予防として…

 

①酸性飲食物を食べたあとは水やお茶で口をすすぐ。

②軟化した歯が削れるのを防ぐため、飲食後

30分~1時間は歯磨きを控える。

③フッ素入り歯磨き粉やジェルなどで歯質を強化する。

④柔らかい歯ブラシを使用する。

 

 

みなさんも歯を守るために気をつけてみてくださいね?

来年もよろしくお願いします!

そして来年も自分の歯に少しでも気にかけて

過ごしてみてください( ¨̮ )

 

それでは、みなさん良いお年を~✩✩

 

 

✩柴田✩