虫歯になりやすい飲み物とは?

みなさん、こんにちは。可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩の歯科医院(歯医者)ただこし歯科クリニックの山下です。

暑い日が続きますが皆さん体調は崩してませんか?この時期怖いのは熱中症です。涼しい部屋にいても熱中症になると言われています。喉が渇いたと感じる前にこまめに水分を補給して対策をしましょう。
そこで今日は飲み物について少しお話をしたいと思います^ ^
皆さんは普段何を飲みますか?お水、お茶、コーヒー、ジュース、アルコールなど色々ありますが、虫歯になりやすい飲み物、なりにくい飲み物がある事を知っていますか?
よく『ジュースばかり飲んでると虫歯になる。』と聞いた事がある人は多いと思います。それはジュースの中に含まれている糖分が関係しているからです。糖分が多いものを口にする回数が増えるとお口の中に糖分が残りやすくなります。糖分は虫歯菌の好物なので甘い物を食べたり飲んだりする事が多いと虫歯になりやすいという事です。これは聞いた事がある人も多いかもしれません。
実は甘い物だけではなく酸性(pH5.5以下)の飲み物が虫歯になりやすいと言われています。
なぜ酸性の飲み物が虫歯になりやすいかと言うと歯を溶かしてしまうからです。pH5.5以下の飲み物が歯に当たる事で溶けやすい状態になります。
例えば、炭酸系や柑橘系の飲み物、栄養ドリンクなどもそうです。他には野菜ジュースやチューハイ、ワインなどもpH5.5以下の飲み物です。
普段お口の中は中性ですが食事をする事でお口の中が酸性に傾きます。そして唾液の力で中性に戻ります。なので酸性の飲み物を飲んだからと言ってすぐに歯が溶けるわけではありません。長い間口の中が酸性に傾くと溶けやすい状態になるということです。なので酸性の飲み物を好んでよく飲んだりすると虫歯になりやすいのです。
甘い飲み物や酸性の飲み物を飲むと虫歯になりやすくなりますが、飲んだからと言ってすぐ虫歯になるわけではありません。
お口の中に糖分が残っていたり酸性の状態が長く続く事で虫歯になりやすくなります。
虫歯になりにくくするためには甘い物や酸性の飲み物を控える事ですが、食べたり飲んだりしたら歯磨きする事が大切です。
ただこし歯科クリニックでは一人一人にあった歯磨きの仕方や歯ブラシなどをお話ししたり、歯ブラシが届きにくいところや普段磨き残しが多い所などチェックします。
虫歯予防の為に食後歯磨きをする習慣をつけましょう。
そして定期的に歯のクリーニングや検診を受けましょう^ ^☆