歯ぎしりと咬みしめ

みなさんこんにちは!

 

今年もよろしくお願いします(^^♪

 

 

今日は、ブラキシズムについてお話しします☆

 

 

ブラキシズムとは、歯ぎしりと咬みしめのことです。

 

 

歯ぎしりとは睡眠中に行うものですので、

自覚することが少なく周囲の人に知らされて、

初めて気づくことがほとんどです。

 

 

咬みしめは、日中・夜間に関わらず、無意識のうちに

歯を食いしばってしまうことを言います。

 

 

ブラキシズムで、骨や歯にかかる力は強い人で

70キログラムを超えると言われています。

 

 

そのために気付かない間に歯や骨に

大きな負担がかかっているのです(:_;)

 

 

ブラキシズムが続くことで、

 

歯がすり減ったり、しみたり、かぶせものや

詰め物が外れてしまうことがあります。

 

 

ほかにも、歯の根が割れたり、

 

歯周病が進行する可能性もあるのです。

 

 

日常生活で気をつけることをご紹介します☆

 

・歯をかみしめていることに気付いたら

すぐに歯を離す。

 

 

・唇や頬、顎など口周りの力を抜く

 

 

・ストレスを溜めない

 

 

・重い物を運んだり、激しいスポーツをするときは

特に注意する

スポーツをする時はスポーツマウスガードの作製を

おすすめします!

 

 

寝ている時の歯ぎしりへの対処としては、

ナイトガード(マウスピース)の作製が挙げられます。

 

 

当院でも作ることができますので、

お気軽に声をかけてくださいね☆彡

 

前田

2018年10月
< 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
ページの先頭へ戻る