永久歯の要 6才臼歯とは?

こんにちわ!技工士の井口です。

改めまして、2018年もよろしくお願いします。

年が明けてはや、もうすぐ1月が終わろうとしています。

最近は雪が降ったりと、ものすごく寒いです。

早く暖かくならないかなー。

今回は最も大事なのに、最も傷みやすい永久歯の要!6才臼歯についてです!

 

永久歯の中でも最も早く生えるのは下の歯ですが、それと前後して、下の第一大臼歯が生えてきます。この歯が生えてくるのが6歳ごろなのでこの大臼歯のことを6才臼歯と呼びます。

なぜ大事かというと

①最も大きく、最も強い力(自分の体重くらいの大きさの力)で噛むことができる。

②上下のかみ合わせの基準となり、他の永久歯が正しい位置に生えるように手助けする。

虫歯になりやすいのは

①乳歯列の一番奥に生え始めるので気が付きにくい

②大きな歯なので歯肉を破って出てくるのに時間がかかり、歯垢がたまりやすい。

③生えたての歯はやわらかく、抵抗力がない。

④お母さんがチェックしなくなる年頃で、まだ自分で完璧には磨けない。

⑤不揃いな歯並びで磨きにくい

だからブラッシングが必要!!!

6才臼歯が少しでも生えはじめたら、これまで以上にブラッシングをしなければなりません。完全に顔を出してしっかり噛めるようになれば、唾液の流れなどによる自浄作用が働き、歯も成長して硬くなるので、虫歯になりにくくなります。

それまでは、お母さん、お父さんのチェックとケアが大切です☆

わが子の歯を守りましょう★

 

2018年10月
< 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
ページの先頭へ戻る