歯周病

みなさん、こんにちは。可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩の歯科医院(歯医者)ただこし歯科クリニックの原田です。

 

 

今回は歯周病についてお話します。

 

歯周病を、みなさん、どんなイメージでとらえてますか?

よくコマーシャルとかでみる、歯茎が腫れて、歯がグラグラしてきちゃって、最終的には抜けちゃうみたいなイメージを持たれていますかね?

 

 

歯周病とは、歯の表面に残るプラークが原因で起こっています。

歯磨きをきちんとしていても、どうしても磨ききれていないところがでてきてしまいます。

 

歯周病の症状としては、

歯磨きをすると、歯茎からの出血…

歯茎、歯肉の色がピンク色ではなく、少し赤っぽい…

歯肉が下がって、歯が前より長くなってる気がする…

歯が揺れ動くようになった…

などなどあります。

 

歯周病により、プラークが歯周ポケットで繁殖して歯肉に炎症を起こし、歯を支えている骨を溶かしてしまい、最初に述べたイメージ通り、歯が抜けてしまうことがあります。

 

また、歯周病の方は糖尿病にもなりやすい、糖尿病の方は歯周病にかかっている場合が多いとも言われるので注意が必要です。

 

なので、少しでも違和感を感じたら早めの検診をオススメします!

 

歯周病は歯のお掃除を定期的にクリニックでして頂ければどんどんよくなります!

健康な歯肉や歯を残すためにも、ぜひご来院くださいね!

2018年10月
< 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
ページの先頭へ戻る