お口と糖尿病

みなさん、こんにちは。御嵩町の歯科医院・ただこし歯科クリニックの神谷です。

はやいものでもう8月に突入しますね!!学生の方は夏休みに入って遊びや宿題に追われる毎日だと思いますが・・・頑張ってください★

最近は天気も台風が来たり豪雨がきたり災害に見舞われることが多く、気温も高い日が何日も続いたり・・・と今年は異常気象が多いといわれていますね。熱中症も気づかないうちに重症化しやすいものなので、十分な水分補給と健康状態には気を付けたいですね(p_-)

 

今日は「お口の健康と糖尿病とのかかわり」についてお話していきます。

「どうして歯医者で糖尿病のはなし?」と思う方も多いかと思いますが・・・実は口の中の健康と糖尿病は密接な関係であるといわれています!

日本の歯周病にかかっている人は成人の8割以上、糖尿病は予備軍の人も含めると成人の4割にも達しているそうです。成人以上の方はどちらの病気もかかるリスクが高まります。

また糖尿病の方は歯周病になりやすく、そして重症化しやすいため歯医者での歯周病の治療がかかせません。定期的に歯石を取ってお口の中の細菌の量を減らすことがとても大切なことです!

そして糖尿病の原因のひとつでもある食生活の乱れ・・・として、糖質を頻繁に摂取する機会が多いかたは血糖値の上昇があって糖尿病になりやすく、また糖質はむし歯の細菌が喜んでしまうものなので糖尿病にも虫歯にも直結してきます。

つまりお口の健康のためにしっかりと歯医者へ通院して定期的に歯石を取り、また正しいブラッシング方法を習得して磨き残しを少ない状態にして虫歯・歯周病になりにくいお口をつくることが糖尿病の予防または悪化を防止することができるのです。

糖尿病だけでなくお口とほかの臓器、全身の健康につながることなのでお口をしっかりと清潔に保つことが重要となってきます。

歯石は定期的にとらないとたまる一方です。重症化してしまう前に歯医者へ足を運んでみてください(*^_^*)

 

可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院医療法人CREAただこし歯科クリニックへ
皆様のご来院を、スタッフ一同、心のこもったおもてなしでお待ちしております。
Facebookもやっていますので、良ければ”イイね”や”フォロー”で応援よろしくお願いします♪

 

 

2018年10月
< 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
ページの先頭へ戻る