☆知覚過敏ってご存知ですか?☆

みなさんこんにちは。

可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩町の歯科医院(歯医者)ただこし歯科クリニックの井口です。

 

皆さん、「知覚過敏」ってご存知ですか?

テレビのCMなどで宣伝していたりするのでよく聞く言葉かもしれません。

 

むし歯でもないのに歯がしみて痛いという症状の多くが知覚過敏と考えられます。

冷たい飲み物やアイス、かき氷、あるいは酸味の強いものを食べるとしみる、

また歯ブラシの毛先が触れると痛むという方がいると思います。

 

知覚過敏は、正式には「象牙質知覚過敏」と呼ばれます。

歯は、頭の部分はエナメル質という非常に固い素材に覆われ、次に象牙質、そして神経(歯髄)

が通っています。ところが根(歯根)の表面にはエナメル質がないため、歯根が歯ぐき(歯肉)

から露出すると象牙質に様々な刺激が直接伝わり、それが歯の神経まで届いてしみるのです。

象牙質には無数の小さな穴が開いており、これ(象牙細管)が刺激の伝達にかかわっています。

 

原因は?????

知覚過敏の原因は様々です。

歯根の表面が露出していても知覚過敏が必ずおきるわけではありません。

象牙細管の穴が自然とふさがって刺激が伝わりにくくなればしみないのです。

ところが次のような場合は知覚過敏を起こしやすくする可能性があります。

1露出した歯根がプラークで汚れている

2露出した歯根を歯ブラシで強く磨く、あるいは歯磨き粉の研磨剤で傷つける

3歯ぎしりやくいしばりで過剰な力がかかり歯根の表面が割れる、はがれる

 

しみなくするためには・・・・・・・

 

知覚過敏の治療は原因をできるだけなくして刺激を伝えにくくすることです。軽症から重症まで段階を追って治療が行われます。

自己流の歯磨きや歯磨き剤選びが間違っている危険性があります。

ぜひ歯科医院でアドバイスを受けることをお薦めします。

また、歯ぎしりやくいしばりがある方はそれが知覚過敏と関連しているかを

確認することも重要です。

必要に応じて歯ぎしり防止のナイトガードなどをおつくりします^^

 

 

2019年5月
< 1月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 
ページの先頭へ戻る