歯の着色

 最近、インフルエンザが流行っていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
寒さが増して、まだまだあったかいコーヒー、紅茶、お茶が美味しい季節ですね☆
お酒が好きな人は秋の赤ワインなどもいいですね*^^*
でも、これらの飲み物って歯の着色汚れ(ステイン)の原因にあげられることが多いのってご存知ですか?
ステインとは、毎日ハミガキをしていても、歯の表面に蓄積してしまう、
黄ばみや歯のくすみ、着色汚れのことを言います。
食べ物の中で、ステインの原因になりやすいものは、
〇お茶(紅茶・ウーロン茶・緑茶)
〇コーヒー
〇赤ワイン
〇チョコ
〇ココア
〇ブルーベリー・ブドウ・バナナ・リンゴ・柿などの果物
〇ネギ・ニンニク・緑黄色野菜などの野菜
〇大豆製品
茶渋・ワイン渋・柿渋などの「渋」の成分であるタンニンは、
「ポリフェノール」の一種で、抗酸化作用があって体にいいとされていますがステインの元になりやすいです。
上記の食べ物はほとんど、体にいいものばかりな気がしますね^^;
プチ豆知識としては、タンニンは昔のお歯黒の成分でもあったようです。
体にいいのに、歯のステインになると考えると少し食べずらいですが、
歯医者さんでPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)や
スケーリングをしてもらうと歯がツルツルになって気持ちよくなりますし、ステインも取れる場合があります。
頑固に蓄積してしまう前に定期的なおそうじをおすすめします☆
受付 曽我