歯をなくしたら…

みなさん、こんにちは。可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩の歯科医院(歯医者)ただこし歯科クリニックの片桐です。

今日はもし歯を抜かないといけなくなった場合、歯を抜いた後の処置についてお話ししたいと思います。

歯を抜く原因として、
・虫歯が進行して歯を抜かないといけなかった。
・歯ぎしり、くいしばりによってはが割れて抜かないといけない。
・歯をぶつけてしまって歯を抜かないといけなくなった。
など様々な理由で歯を抜かざるおえない状態になってしまった場合その抜いだ部分はどうなるの?っと悩んでる方や気になっている方いませんか?

もしそうなってしまった時歯を抜いてしまった後抜いた部分を補う3つの選択があります。

1つ目は入れ歯です。
みなさん一回は見たことがあるとは思いますが部分的に歯がなくなってしまった場合、前後の歯にクラスプというバネをかけ、抜けている歯をおぎなうことができるのが入れ歯です。保険作ることができるため多くの方々が使用されてます。

2つ目はブリッジです。
ブリッジというのは歯を失った歯の前後の歯に橋渡しのように被せ物をかけてはがあるかのように見せることができる補綴物です。
奥歯だけでなく前歯にも適用しても見た目に気にすることなく使ってもらえるものです。

3つ目はインプラントです。
インプラントは歯がなくなった部分の骨にネジ状のものをいれ土台をたて被せ物をする補綴物です。審美性もよく噛んだ時に違和感なくなく食べのもを食べることができます。
ブリッジや入れ歯よりお値段の方がか借りますが一番長持ちすることができます。

以上の3つはそれぞれ欠点利点とあります。

お悩みの方は当院のスタッフにお気軽におききくださいね!

可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院(歯医者)医療法人creaただこし歯科クリニックへ

facebookもやっていますので、良ければ”いいね”や”フォロー”で応援よろしくお願いします。

2018年11月
< 10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 
ページの先頭へ戻る