歯の異常

みなさん、こんにちは。可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩の歯科医院(歯医者)ただこし歯科クリニックの片桐です。

今月は歯の異常についてお話しします!

1、先天欠如
一部の歯が欠如しているものを部分的無歯症といい、すべての歯が欠如しているものを完全無歯症といいます。乳歯の先天性欠如では、後継永久歯の先天性欠如をともないやすいです。また永久歯では親知らず、上の歯の2番目の歯、5番目の欠如がみられます。

2.過剰歯
正常歯数を超えるものをいいます。上顎正中過剰歯埋伏歯症は、正中離開の原因となります。

3.双生歯
一個の歯胚が2個以上に分裂後、その分離が不十分な状態で形成された歯。また、正常歯と過剰歯が発育の過程で結合したものをいいます。

4.癒合歯
複数の歯が発生途中で象牙質とエナメル質で結合し、歯髄腔の連絡がみられるものです。

そのほかにも歯の異常は複数あります。歯の形や見た目で気になっている方は気軽にスタッフにご相談くださいね!

可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院(歯医者)医療法人creaただこし歯科クリニックへ
 
facebookもやっていますので、良ければ”いいね”や”フォロー”で応援よろしくお願いします。

2018年10月
< 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
ページの先頭へ戻る