歯周病の怖さ

みなさん、こんにちは。可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩のただこし歯科クリニックの千藤です。

今回はみなさんよく耳にする歯周病についてお話ししたいと思います。みなさんは歯周病が具体的にどういったものかご存知ですか?歯周病を放置しておくと骨がどんどん溶けてしまうのです。骨が溶けていくと硬い食べものが食べられなくなってしまい、食事も好きなものを食べることも難しくなってしまいます。今では日本人の40歳以上の約8割がこの病気にかかっており、生活習慣病のひとつとしてもあげられています。

歯周病になる主な要因としては喫煙、ブラッシング不足、食生活、ストレスなどがあります。 しかし、しっかりと歯を磨いていない人でも歯周病や虫歯にかからない人もいます。その要因としては遺伝や体の特徴などにもよります。

症状としては歯茎から少し血が出たり、歯茎がむずがゆくなったりするのが初期症状です。そのうち歯茎が腫れてきたり、朝起きると口の臭いが気になったりとだんだん症状が重くなっていきます。

歯周病になってしまったら、一度歯周組織が破壊してしまったら元には戻すことはできませんが、正しいケアで進行を止めることはできます。そのためにも定期的にメインテナンスに来ていただいて、お掃除をしていただくことをお勧めします。

お気軽にお越しください。

2018年11月
< 10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 
ページの先頭へ戻る