カンジダ症

みなさん、こんにちは。可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩の歯科医院(歯医者)ただこし歯科クリニックの片桐です。

今日は口腔カンジダ症についてお話しします!

真菌(カビ)であるカンジダ菌の感染は本人の免疫力が低下すると感染すると言われています。口腔内では多くの人の常在菌として存在し白斑や紅斑をつくり痛みを伴うことがあるものです。入れ歯をはめている方は入れ歯の刺激や食べ物の数が残った状態や細菌の増殖により粘膜が発赤が多く、発赤する多くの場合がカンジダ菌であると言われています。カンジダ菌は入れ歯に付着しやすい性状であるため、入れ歯と接着する粘膜には、入れ歯の清掃不良によって口内炎や慢性炎症が生じることもあります。

入れ歯の洗浄の仕方は入れ歯専用の歯ブラシや普通の歯ブラシで粘膜に触れる部分や人工歯の部分をよく磨き清潔に保つことが大切です。洗浄剤だけに頼るのではなく正しい入れ歯の清掃の仕方で洗浄することが大切です。

またわからないとこや質問等あればいつでもお声がけしてくださいね!

可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院(歯医者)医療法人creaただこし歯科クリニックへ

facebookもやっていますので、良ければ”いいね”や”フォロー”で応援よろしくお願いします。

2018年10月
< 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
ページの先頭へ戻る