歯のケアを変えたら…

こんばんわ。坂崎です(^^)

平成ももうおわりですね、今年は素敵な一年になりましたか?そうであった方もそうでなかった方も来年はみなさんにとって素敵な一年になることをお祈りします(^^)

今日は

歯のケアを変えれば、生涯医療費が一千万円以上やすくなる!

について書きます!!

皆さんに歯のケアを意識していただきたい理由があります。

それは、歯のケア次第で、生涯医療費が一千万円以上も安くなる可能性があるからです。

日本歯科医師協会が、全国の40歳以上、約一万九千人を対象に行った調査では、残っている歯の数が20本以上ある人は、0〜4本の人よりも、年間の医療費が平均で17万5900円も低いという結果がでました。

この金額を1日あたり換算すると、17万5000÷365日=約482円となります。つまり、歯を約20本以上キープする歯のケアを続けるだけで、毎日約500円もの医療費を得することになるのです。

ところで、なぜ歯の数で、生涯医療費にこれほどで差が出るのでしょうか?実は残っている歯の数が多い人は、認知症リスクが下がるだけでなく、全身疾患リスクも下がるのです。

大人が歯を失う主な原因である歯周病が、さまざまな病気の発症率を高めていることが、日本臨床刺繍秒学会や米国国民健康栄養調査などの報告で明らかになっています。

その発症や悪化に、歯周病が関わっていると考えられる主な病気には、

アルツハイマー型認知症

血管性認知症

糖尿病

脳梗塞

などが挙げられます。

正しい歯のケアを身につけると、これだけの病気が予防改善できるわけです。

この先、また師たちの寿命は伸び続け、2050年には、日本の100歳以上の人口が100万人を超えると推計されています。

もし皆さんが100歳まで生きるとして、その時の歯が0〜4本しか残ってないとしましょう。歯周病患者者が増え始める40歳以上から100歳までの60年間分の医科医療費の差額を計算すると、年間平均医療費17万5900円×60年=1千55万4000円となります。

つまり、残りの歯が20本以上ある人に比べて、一千万円以上も多く生涯医療費を支払わなければならないことになるのです。

もしこの一千万円を支払わずに済めば、老後のお金の不安は随分へるのでしょうか。

このことをしったみなさんは一千万円分の損をしないようにしていただきたいです。

良いお年をお迎えください!

可児市 多治見市 土岐市 八百津町に近い御嵩町の歯科医院(歯医者)医療法人CREAただこし歯科クリニックへ
皆様のご来院を、スタッフ一同、心のこもったおもてなしでお待ちしています。
Facebookもやっていますので、良ければ“イイネ ”や“ フォロー”で応援よろしくお願いします♪

2019年1月
< 12月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
ページの先頭へ戻る