虫歯治療

御嵩町はじめ東濃地域の皆さんこんばんは。ただこし歯科の河野です。今日は虫歯治療で使う一番頻度の高い白いつめものについて話していきましょう。
小さな虫歯治療で使う白いつめものの正体はコンポジットレジンと呼ばれるプラスチックです。光をあてると硬化します。硬化する時に体積がやや小さくなります。これを重合収縮と呼びます。なので、手っ取り早いからといって、つめものを削った穴ぼこにいっきにつめ込んで固めてしまうと、歯とつめものの境目に空洞ができてしまいます。プロ意識が高い歯科医師は何回にも分けてレジンをつめていきます。
つめものと歯の段差や色の違いが気になられている方はかなり多いと思います。これも上記のことを防ぐためのテクニックがあるのです。ベベルと呼ばれる歯の削り方のテクニックがあり、私は前歯の虫歯治療なら、100%行っています。虫歯を削った穴ぼこの縁をさらに軽く削り角を丸めます。そうすると、レジンを充填しても歯とレジンの色が移行的になり、自然な色が表現できます。そして丁寧な表面を磨いて滑らかにします。
こういう当たり前の普通の治療でも私は美にこだわっています。
虫歯治療で気になることがあれば、何なりとスタッフにお尋ね下さい。