歯の守りかた

こんにちは。ただこし歯科クリニックの三島です。今日は歯の守りかたについてざっとお話ししたいと思います。

歯を守るためには、日々の歯磨きが重要なのは言うまでもありません。磨き残しがあると、虫歯になったり、歯周病になったりしてしますからです。しかし、毎日しっかり歯磨きをしているのにも関わらず、虫歯や歯周病になってしまう方もいらっしゃいます。

その理由の一つは、歯磨きだけでは磨けない部位が存在しているからです。歯ブラシでは歯と歯の間は磨けませんし、歯間ブラシでもちょうど境の部分は磨けません。また、歯茎の下の部分は歯医者さんで定期的にクリーニングを行わないと歯石がたまってしまいます。

虫歯は口腔内の環境が乾いていると発生しやすく、口呼吸であったり、投薬により口腔乾燥の副作用があったりするとリスクが上がります。また、歯周病は体の抵抗力によって増悪するため、糖尿病の方は重度になる傾向にあります。

お口の環境を整えるだけでなく、全身の健康にも気をつけましょう。