歯磨き粉について

こんにちは。ただこし歯科クリニックの三島です。本日は歯磨き粉についてお話ししたいと思います。

歯を磨くとき、多くの方は歯磨き粉を使うと思います。最近は様々な成分が入っており、磨いた後の清涼感も魅力的です。ただし、正しい磨き方をしないと汚れは取れず、虫歯や歯周病になってしまうため注意が必要です。

歯を磨く目的は主に口腔内食渣や細菌の減少によるう蝕(虫歯)と歯周病の予防、もしくは対外的な要素である見た目や口臭の改善なども含まれるかもしれません。歯磨き粉もそれらの目的に応じて種類があります。若い人は当然、歯周病よりもう蝕のリスクが高いため、う蝕予防の成分の入った歯磨き粉を使用することが効果的ですし、ご高齢の方は歯自体がう蝕へ対する耐性が高くなっているため、歯周病予防の成分の入った歯磨き粉を使うのがいいでしょう。ドラッグストア等ではどのような薬効があるか記載してあるものが多いため、購入の目安にするのがよいと思います。

う蝕予防としてフッ素含有のものがあります。歯科医院でもフッ素塗布を行えますが、フッ素の含有量が少ないものの、毎日のケアでフッ素を塗布できる歯磨き粉は小児に特に有効です。

年齢や個人の口の中に合った歯磨き粉を使い、お口の中を清潔に保ちましょう。