毎日歯磨きをしても虫歯になるのはなぜ?

こんにちは。ただこし歯科クリニックの三島です。

皆さんは毎日、しっかりと歯磨きをしていらっしゃると思います。ですが、それでも虫歯になってしまったという方は多いと思います。しっかり歯磨きをしている、歯医者さんに定期健診も行ってるのになぜ、虫歯はなくならないのでしょうか。

実は、歯磨きは虫歯予防に対して万能ではありません。お口の中には、歯磨きをしなくても勝手に汚れが落ちてくれる場所、歯磨きをしないと汚れが落ちない場所、歯磨きをしても汚れが取れない場所の3つの場所があります。虫歯になりにくい場所は、普通に生活しているだけで、舌や頬などが知らず知らずのうちに歯をこすり、表面の汚れを落としてくれる場所で、歯の側面などがこれにあたります。また、歯の溝や歯と歯の間、歯と歯茎の間などは自分で歯磨きをしないと汚れが取れず、虫歯になりやすい場所です。さらに、歯と歯の接している場所や、歯茎の中はそもそも磨くことができないため、かなりしっかり磨かれている方でさえ虫歯になってしまう可能性があります。

歯磨きをしていても虫歯になるなら歯磨きは意味がないのかというと、もちろんそんなことはありません。歯磨きをすることによって、歯磨きをしないと汚れがとれない場所をきれいにできますし、口の中の細菌が減ることは虫歯予防はもちろん、歯周病の予防にも重要です。

歯医者さんで定期的に歯をみてもらい、虫歯ができていないかチェックしてもらいましょう。