口内炎の治療について

みなさんこんにちは。

可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩町の歯科医院(歯医者)ただこし歯科クリニックの大谷です。

今日は口内炎の治療や防ぐ方法についてお話ししたいと思います。

まず、口内炎にならないようにするにはどうすればよいのでしょうか。

まずは①体の抵抗力、免疫力を高めましょう。ストレスなどで免疫力が低下すると口内炎ができやすいといわれています。②口の中を清潔に保ちましょう。口の中にはいろいろな細菌がいます。口の中に傷ができてしまうと粘膜に感染してしまうことがあります。

③ビタミンを補いましょう。特にビタミンB2、B12の不足により口内炎が起こることもあります。ビタミンB2は皮膚や粘膜の再生の働きに重要なビタミンです。必要であれば、サプリメントを使用するのもよいでしょう。

④虫歯を放置しないことも重要です。虫歯で歯が欠けていたりすると、粘膜を傷つけてしまい口内炎の原因となりえます。

⑤合わないいれば、手入れがされていない入れ歯の装着は控えましょう。

入れ歯を不潔な状態で装着していると、カンジダ性口内炎になる可能性があります。

 

次に、口内炎の治療についてですが口内炎の治療は塗り薬(軟膏)貼り薬、ビタミン剤、レーザーを使用したものがあります。

レーザーを使用した治療だと①炎症を抑える ②痛みを抑える ③傷口をふさぐ ④殺菌するといった効能が期待できます。そしてほとんど痛みがなくまた、レーザー照射時間も短時間にて1回5分以内の場合が多いです。

 

塗り薬や貼り薬については様々な成分がが入っています。抗炎症成分であるトラネキサム酸、アズレンスルホン酸ナトリウム、組織修復成分であるアラントイン、副腎皮質ホルモンであるプレドニゾロン、トリアムシノロンアセトニド、殺菌消毒成分であるヨウ化カリウム、セチルピリジニウム塩化物水和物、ビタミン剤などが含まれています。

お薬については薬局の市販薬もありますが、歯科医院、病院の歯科口腔外科、耳鼻咽頭科、皮膚科にて処方されるお薬もあります。

なかなか治りにくい口内炎、特に2週間以上続く口内炎では一度相談されてみてはいかがでしょうか。

可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院(歯医者)医療法人CREA ただこし歯科クリニックへ

皆様のご来院を、スタッフ一同、心のこもったおもてなしでお待ちしています。

Facebookもやっていますので、良ければイイねやフォローで応援よろしくお願いします♪

 

2018年10月
< 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
ページの先頭へ戻る