ご高齢者の口腔ケアが必要な理由とは

みなさんこんにちは。可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩町の歯科医院ただこし歯科クリニックの大谷です。

今日はご高齢者の口腔ケアについて説明します。

ご高齢者の方は口腔ケアが必要な方が一般的に多いのですが、その理由として、

①口が乾燥しやすいことがあります。(ドライマウス)

高齢になると、噛む力の低下や服用している薬の影響、唾液を作る組織の機能低下(安静時における唾液腺の機能低下)で唾液の量が減ります。唾液は口腔内を清潔に保つ役割があります。唾液の力で歯の表面や舌、粘膜に付いた汚れや細菌を洗い流し、清潔に保つというものです(自浄作用)。ドライマウスは虫歯や歯周病の進行、また、雑菌の繁殖による口臭の原因になります。

②治療跡や入れ歯をお持ちの方が多い

ご高齢者の方の多くは、その分虫歯や歯周病にかかった経験が多く、詰めものなどの治療跡が残っている人も多いです。また、歯周病で歯が抜けてしまい、入れ歯を使っている人も多いでしょう。詰め物をしている場合は、その下で虫歯が進行していることがあり、入れ歯を使用している場合は、入れ歯と粘膜の隙間に細菌や真菌が繁殖しやすくなります。

 

③虫歯や歯周病が進行している場合がある

加齢によって歯茎が下がり歯の根元が露わになると、そこから虫歯になりやすくなります。また、高齢者の口腔内は自浄作用が弱まっているため、本来は唾液で洗い流されるはずの細菌が増殖し、歯周病にもかかりやすい状態です。加齢による免疫力の低下も、虫歯や歯周病菌が増える原因の一つです。

④味覚が変化することもある

人は、舌の表面にある味蕾(みらい)という小さな器官で味を感じます。しかし高齢者の場合、口の中の自浄作用が低下しているため、舌の表面に舌苔が付きやすく、味を感じにくくなったり、味覚が変化したりすることがあります。また、偏った食生活による栄養不足も、味覚障害の原因の一つです。

続いては口腔ケアの重要性についてです。口腔ケアをすることにより、

1 口腔感染症の予防 2 全身感染症・発熱の予防 3 お口の機能維持・回復 4 インフルエンザ, 誤嚥性肺炎 5 味覚の改善 6 だ液分泌の促進 7 心臓病リスクの低下, 糖尿病予防 8 総医療費の削減 9 認知症の予防などがあげられます。

口腔ケアを行っている方々と、そうでない方々では、発熱の発生率に差があり、口腔ケアを行っている方がのほうが、発生率が低いという調査結果があります。また、誤嚥性肺炎の予防としての口腔ケアもあります。 口腔ケアは口腔内を清潔に保ち、また誤嚥を緩和させるリハビリも行っているため、実施した方とそうでない方では、口腔ケアを行った方のほうが、2年間の誤嚥性肺炎の発症率が低くなっているという報告もあるようです。

口腔ケアについてご興味がありましたら、近くの歯科医院へ相談されるもの良いかと思われます。

可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院(歯医者)

医療法人CREA ただこし歯科クリニックへ
皆様のご来院を、スタッフ一同、心のこもったおもてなしでお待ちしています。
Facebookもやっていますので、良ければ”イイね”や”フォロー”で応援よろしくお願いします♪

2018年11月
< 10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 
ページの先頭へ戻る