入れ歯について

みなさん、こんにちは。ただこし歯科クリニックの三島です。本日は入れ歯についてお話ししたいと思います。

入れ歯と言うものはもちろんみなさんご存知だと思いますが、実際に使われたことのない方にとってはどんなものか分かりにくいと思います。歯が無くなった、ご高齢の方の使うものというイメージが強いかもしれません。

様々な理由で歯が無くなってしまうと、ものを咬むことが難しくなっていきます。また、前歯などが無くなってしまうと、発音や見た目にも影響します。入れ歯は、無くなった咬む機能をいくらか回復させ、また、見た目もある程度回復させるための装置です。

歯が無くなった場合、それを回復させる手段は入れ歯のみではありません。ブリッジと呼ばれる被せ物、インプラントと呼ばれる人工の歯を入れることもできます。ただし、それらはセットするのに条件があり、できない場合もあります。それらに比べ、入れ歯どんな条件でも入れることができます。骨が痩せてきたら、入れ歯を安定させることは難しくなりますが、できない症例というものはほぼありません。入れ歯は歯の無くなった方にとって、やはり重要な回復手段なのです。

そんな万能に近い入れ歯ですが、やはり問題もあります。異物を口の中に入れるのですから、違和感は最も強いです。また、他の手段に比べて安定しにくく、動いでしまうのも入れ歯の特徴です。動くので縁が当たると粘膜を傷つけたりします。また、食べ物が入れ歯と粘膜の間に貯まるため、食事の度に外して洗う必要があります。部分入れ歯であれば、残っている歯に金具をかけて安定を図りますが、動く入れ歯に揺さぶられて歯にも負担がかかります。長い間負担がかかった歯は揺れ始め、最後には抜かなければならなくなることもあります。金具と歯の間は汚れが貯まりやすく、しっかりと歯磨きをする必要があります。また、口の中の粘膜や骨もずっと同じ状態でいるわけではなく、入れ歯もすり減ったりして、始めは安定していた入れ歯もいずれは安定しにくくなっていきます。安定しにくくなってきたら、歯医者さんで調整したり、新しく作り直したりする必要があるかもしれません。

 

可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院(歯医者)
医療法人CREA ただこし歯科クリニックへ
皆様のご来院を、スタッフ一同、心のこもったおもてなしでお待ちしています。
Facebookもやっていますので、良ければ”イイね”や”フォロー”で応援よろしくお願いします♪

2018年10月
< 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
ページの先頭へ戻る