歯の本数について

こんにちは。ただこし歯科クリニックの三島です。本日は歯の本数についてお話ししたいと思います。

歯の本数は全部で何本あるか知っていますか。一般的に、子供の歯は20本、大人の歯は28から32本あります。

子供の歯は生え始める時期は個人差がありますが、だいたい生後半年ほどで生え始め、2歳半から3歳くらいで全部生えそろいます。大人の歯は、6歳くらいから生え始めたり、乳歯が抜けたりし始め、7番目までが生えそろうのは12歳くらい、8番目である親知らずは18歳から25歳くらいと幅があります。

生えたばかりの歯は表面が柔らかく、すり減ってもおらず溝が深いため、汚れによって虫歯になりやすいです。よって虫歯予防の処置をする時期は生えたばかりの時期がよく、溝を埋めたり、フッ素を塗って虫歯への抵抗性を高めるのです。

歯の本数は絶対的なものではなく、特に親知らずは人によって無い人もいます。ただ、スペースの関係で存在はしているけど生えていないという人もおり、レントゲンの写真で初めて分かる人もいます。また2番目の歯も、もともと無い人や、あるいは小さい歯になっている人もいます。

歯の生える時期は大まかには決まっていますので、ずっと待っていても生えてこない、子供の歯のままというお子さんがいたら、歯医者さんに相談しましょう。

2018年10月
< 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
ページの先頭へ戻る