☆歯の詰め物が取れてしまったとき☆

みなさんこんにちは。可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩町の歯科医院(歯医者)、ただこし歯科クリニックの畑佐恭子です。

 

歯の詰め物や被せものは、何年の経過すると、かみ合わせの変化や合着に使用した材料の劣化や温度変化、噛む力による材料のゆがみなどで取れてしまうことがあります。そんな時は慌てずに、できるだけ早く歯科医院を受診してください。しかし、お仕事や学校の都合で、すぐには行けない場合も多いかと思います。そんな時の注意事項を今日はお話したいと思います。

 

①無理に詰めなおしたり、接着剤でつけたりはしない

 ご自身で無理やり詰めなおしたりはしないでください。詰め物が壊れたり、歯が割れてしまうことがあります。

 歯科医院では、詰め物を装着するときにはかみ合わせの調整を必ずおこなっています。そのかみ合わせが悪くなってしまうことがあるからです。特に接着剤でつける行為は絶対に行わないでください。

 

②取れた詰め物はしっかり保管する

 取れた詰めものがお手元にあれば保管して、歯科医院に持参してください。再使用できる場合があるからです。

 また保管の際はティッシュなどの柔らかい紙に包んで、箱などの容器に入れておくと安心です。詰め物の変形を防ぐことができます。

 

③取れた歯は、しっかり磨く

 詰め物が取れてしまった歯は、柔らかい部分がむき出しになっているので、細菌に感染しやすく、虫歯になりやすい状態です。また、食べかすも詰まりやすくなっています。このため他の歯より丁寧に歯磨きを行って清潔な状態にしておいてください。

 

④詰め物が取れた歯で噛まない

 詰め物が取れた歯は、非常に弱くなっています。噛む際にかかる力は想像より強いものです。弱った歯で噛むことによってヒビが入ってしまったり、割れてしまうことがあり、最悪な場合、歯を抜かなくてはいかなくなってしまいます。できるだけその歯で噛むことは控えてください。

 

⑤冷たいものや熱いものを控える

 詰め物が取れた歯は、大変敏感になっています。冷たいものや熱いものはしみてしまう可能性が高いです。注意してください。

 

可児市 多治見市 土岐市 八百津町に近い可児郡御嵩町の歯科医院(歯医者)

医療法人CREA ただこし歯科クリニックへ

皆様のご来院を、スタッフ一同、心のこもったおもてなしでお待ちしております。

Facebookもやっておりますので、よろしければ ‘’イイね‘’ や ‘’フォロー‘’ で応援よろしくお願いします♪

2018年11月
< 10月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 
ページの先頭へ戻る