☆歯磨き時の出血について☆

みなさんこんにちは。可児市、多治見市、土岐市、八百津町から近い御嵩町の歯科医院(歯医者)、ただこし歯科クリニックの畑佐恭子です。

 

今年もわずかとなりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。よいお年をお過ごしください。

 

今日は歯磨き時の出血についてのお話です。歯を磨いた時、歯ぐきから出血するという経験は、多くの方にあると思います。出血するのは、歯ぐきが炎症を起こしているためなのです。炎症=出血=歯周病だと判断することができます。

 

歯ぐきは柔らかくてデリケートな組織です。そのため歯ブラシで軽く磨いただけでも傷ついてしまうことがあります。つまり炎症があり、歯肉が弱っている状態にあるとかんたんに出血してしまうのです。

 

しかし、出血を恐れて歯磨きを控えることはやめてください。むしろ刺激を与え、しっかりと歯磨きを行わないと歯ぐきの状態は悪化してしまいます。出血を気にする必要はありません。歯磨きを行うことによって歯ぐきの血行が良くなり、新陳代謝が促進されます。そしてそれによって新しく強い歯ぐきへと変化していくのです。

 

歯ぐきの腫れの原因は、疲労や寝不足、風邪といった体調不良によることも少なくありませんが、その多くは歯周病と考えられます。軽度のうちは、歯ブラシによるマッサージを続けることでその悪化を防止することができます。そして、歯ぐきのマッサージとともに大事なことは、歯磨きによって歯周病の原因である歯垢(プラーク)をこまめに除去することです。プラークが固まると歯石になりますが、歯石になってしまうと自力で取り除くことができません。だからこそ毎日、毎食後の歯磨きによるケアが重要になってきます。ただし、固い歯ブラシで力まかせにゴシゴシ磨くことは、歯ぐきを傷つけるだけで逆効果です。柔らかい歯ブラシで丁寧に磨くことが大切です。また、マッサージを続けても改善されず、同じ場所から出血が続く場合は、慢性の炎症が考えられます。その場合は、歯科を受診することをお勧めします。ただこし歯科クリニックにお気軽にお問合せください。

 

可児市 多治見市 土岐市 八百津町に近い可児郡御嵩町の歯科医院(歯医者)

医療法人CREA ただこし歯科クリニックへ

皆様のご来院を、スタッフ一同、心のこもったおもてなしでお待ちしております。

Facebookもやっておりますので、よろしければ ‘’イイね‘’ や ‘’フォロー‘’ で応援よろしくお願いします♪

2019年1月
< 12月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
ページの先頭へ戻る