外傷に対する処置

みなさん、こんにちは。ただこし歯科クリニックの三島です。今回は外傷に対する処置についてお話ししたいと思います。

外傷と言っても、歯科に関係する以上、ケガをする領域は顔面、口腔周囲になります。頭部、顔面を強打している場合、一番優先されるべきは脳への損傷がないかどうかです。頭を強くぶつけた方が歯科に最初に来ることはありませんが、頭部損傷がないことが確認されたら、他の部位の治療を行う必要があるため、受傷部位が口腔領域であれば歯科に受診されることになります。顎を強く打って骨が折れている場合は速やかに口腔外科の受診が必要です。

一般歯科に外傷で受診される方は、多くが幼児や小児です。転倒による受傷により、歯をぶつけたり唇を切ったりして受診されることが多いです。幼児などは、受傷した傷を触ると泣いてしまい、外科的な処置が必要であっても困難なことが多いため、やはり口腔外科に紹介となる可能性があります。ですが、傷の大きさ次第では経過観察と投薬のみで大丈夫なこともあるため、真っ先に大学病院などに行く必要はないかもしれません。

歯をぶつけて歯が抜けてしまった場合は、学校等であれば抜けた歯を専用の保存液に入れて持ってきていただければ再植することができる可能性が上がります。逆に、抜けた歯をきれいにしようとごしごし洗い、テッシュに包んで乾燥した状態でお持ちいただいても、再植することは困難になります。再植するためには、歯の周囲に付着している歯根膜という膜が必要になりますので、抜けた歯を洗う際も砂利などを除去するにとどめ、保存液に入れた状態で持ってきていただくことが重要です。保存液がない場合は牛乳でよいとされています。真水では歯根膜が痛むために避けたほうがいいですが、乾燥するよりはましですので覚えておきましょう。

歯が割れてしまった場合は、神経に達しているか、根っこが割れてしまっているか等によって処置内容が変わります。歯が欠けた程度ならば欠けた部分を詰めて終わりですが、神経が大きく出てしまった場合は神経を取る処置が必要になりますし、歯の根っこ自体が割れてしまっている場合は抜歯になることもあります。

外傷は日々の生活の中で思いもしないタイミングで発生します。焦ってしまいがちですが、もし顔面や口腔周囲を受傷したら、まずは重要臓器に損傷がないかを確認し、問題ないことを確認したら、速やかに歯科を受診しましょう。

 

可児市、多治見市、土岐市、八百津町に近い御嵩町の歯科医院(歯医者)
医療法人CREA ただこし歯科クリニックへ
皆様のご来院を、スタッフ一同、心のこもったおもてなしでお待ちしています。
Facebookもやっていますので、良ければ”イイね”や”フォロー”で応援よろしくお願いします♪

2018年10月
< 9月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
ページの先頭へ戻る